仮想通貨チャートの見方(ローソク足からテクニカル分析まで)を徹底解説

2018.04.16
仮想通貨チャートの見方(ローソク足からテクニカル分析まで)を徹底解説

<この記事(ページ)は 46分で読めます>

 

アヤ
今日は仮想通貨チャートの具体的な見方についてレクチャーしていくわね!
平太
僕、本当に全然わからないから超基本からよろしくねアヤちゃん・・・
アヤ
そんなことだろうと思ってるから大丈夫!今回は代表的なチャートであるろうそく足、平均足、デプスチャートについて説明していくわね。。

仮想通貨チャートの見方1:チャートの種類ローソク足

アヤ
これがローソク足チャートよ。
平太
赤と緑のバーに傍線が伸びてるけど・・・。全然見方がわからないや。
アヤ
ローソク足は一本あたりの時間のスパンによって色々な呼ばれ方をするの。
例えば一週間で一本のローソク足が形成される場合は「週足」、一日で一本であれば「日足」、1分で一本であれば「分足」と言ったようにね。

アヤ
緑は陽線と呼ばれるもので、ろうそく足の時間帯の始まりの価格(始値)よりも終わりの価格(終値)の方が高い場合、
すなわち時間帯中で価格が上昇した時に表示されるものよ。
赤は逆に始値が終値よりも高い、すなわち価格が下落した場合に表示されるの。
なんとなくわかるかしら?
平太
ふむふむ、じゃあローソク足の傍線の上下にある高値安値っていうのは?
アヤ
高値ローソク足チャートの時間帯の中で記録された最も高い価格安値時間帯の中で最も安い価格のことよ。もう少し詳しく見てみましょう。

アヤ
まずは陽線に関して、具体的に見ていくわね。
例えば12時から13時までの1時間足を例にとると、上図のような場合は陽線が表示されるの。
平太
えっと、12時の時点の価格よりも13時の価格の方が高いってことだよね?
アヤ
その通り。つまりは陽線が出る場合は、始値(ローソク足の時間帯の始めの時間)よりも
終値(ローソク足の時間帯の始めの時間)が高い状態
ってことよ。
平太
なるほど!
アヤ
実体が長く表示されるほど価格が上昇してることになるわ。

アヤ
今度は逆に陰線の場合を見てみるわ。
平太
えっと、さっきの逆ってことだから、始値よりも終値が低い場合ってことだよね?
アヤ
大正解!陰線の場合、実体が長ければ長いほど価格が下落してることになるわね。
平太
ローソク足は見方を理解すればわかりやすいチャートだね!
アヤ
そうね。あとはヒゲの長さに着目することも大事よ。
平太
ヒゲってローソク足の上下に飛び出てる傍線のことだよね?
アヤ
そう。上ヒゲが長く表示される場合、「価格が上昇したあと、大きく下落した」、と推測できるから、
価格上昇の勢いが衰えている、と捉えられるの。
平太
なるほど。逆に下ひげが長く表示される場合、「価格が下落したあと、大きく上昇した」って考えられるから、
価格の下降トレンドが衰退している、と推測できるってこと?
アヤ
ええ。一般的にはそう言われているわ。

平均足

アヤ
次は「平均足」というチャートについて解説していくわね。
平太
ん、一見ローソク足と同じように僕には見えるんだけど・・・。
アヤ
平太さん絶対そう言うと思ったわ。

アヤ
始値よりも終値が高い場合は陽線、始値よりも終値が低い場合は陰線、
という点についてはローソク足チャートと共通している点ね。
高値、安値がヒゲの先端に表示される点も同じね。
平太
やっぱり似てる部分が多いのかー。
アヤ
平均足がローソク足チャートと決定的に違う点は、始値と終値の表示の仕方ね。
平均足の場合、始値は一本前の平均足の(始値+終値)÷2
終値は平均足の期間内の(高値+安値+始値+終値)÷4になっているの。
平太
へえ。平均足の仕組みは理解できたけど、どうしてそんな表示の仕方をする必要があるわけ?
期間内の始値と終値が一目で分かりにくいし。
アヤ
平均足は陰線と陽線が連続的に出る傾向にあるから、
平均足に比べて、トレンドの把握がシンプルで視覚的に分かりやすい、というメリットがあるわ。
トレンドの転換も分かりやすいわね。
平太
ふむふむ。
アヤ
でも平太さんの言う通り、平均足の場合、現在値が分からないし、値動きの細やかな変化も分かりにくいから、短期トレードには不向きね。
平均足を使う場合はやや長めの時間軸チャートで見るのがおすすめよ。

デプスチャート

アヤ
次はデプスチャートについて解説していくわね。
デプスチャートは通常のチャートの脇に表示されている上向きの線と下向きの線のことよ。
平太
これは何を表しているわけ?
アヤ
デプスチャートは売り注文と買い注文の量をチャートとして視覚的に分かりやすく見ることができるものよ。
売り注文が赤、買い注文が緑で表示されているの。
平太
注文板だけだとどの価格帯にどれくらいの注文があるかって分かりにくいけど、
デプスチャートを使えば一目で把握できるってことだね。

仮想通貨チャートの見方2: テクニカル分析の種類と使い方

アヤ
さあ、次はいよいよチャート分析(テクニカル分析)の種類と方法に関して説明していくわ。
平太
テクニカル分析って具体的にどういうものなの?
なんか名前だけでも難しそうな予感がするよ・・・。
アヤ
テクニカル分析(チャート分析)というのは、過去の値動きから現在の価格の傾向を判断して、
売買の参考にするためのものよ。
前回平太さんに単純移動平均(SMA)についてレクチャーしたの覚えてるかしら?
平太
もちろん。
たしか、過去の一定期間の終値の平均値で算出されるものだったよね?
アヤ
その通り!
このSMAはテクニカル分析の中でも最も基本的なもので、他のテクニカル分析を学んでいく上でも利用することになるから覚えておいてね!
平太
はーい。
アヤ
テクニカル指標はトレンド系オシレーター系に大別することができるわ。
平太
違いは何なの?
アヤ
トレンド系は相場の大きな流れを捉えて、上昇・下降トレンドの強弱を判断するものよ。
オシレーター系「買われすぎ」、「売られすぎ」といった相場の状態を判断してトレンドが転換するタイミングを捉えるもののことなの。
まずはトレンド系指標から解説していくわ。

トレンド系指標 

EMA(平滑移動平均)

アヤ
最初はEMA(平滑移動平均)に関して説明するわね。
SMA(単純移動平均)との違いは、EMAは最近の価格比重を置いて、過去になればなるほど比重を軽くして平均値を決定する、という点ね。計算式は以下のような式よ。

平太
・・・・。ここが僕の限界だったみたい。
何一つ理解できないよアヤちゃん。
今までありがとうございました。
アヤ
ちょっと!そうやってすぐ諦めるんじゃないわよ。
記号が多くて一見難しそうに見えるけど、計算式自体はド文系の平太さんでもわかる内容よ。
平太
ド文系ってひどい・・・。
アヤ
具体的な例で考えてみたら分かるはずよ。

アヤ
平太さんがイメージしやすくするために3日間の価格を計算に使用する場合を例にとって考えてみるわね(n=3)。
平滑定数はα=2/(n+1)で求められるので、
この場合は、α=2/(3+1)=0.5となるわ。
ここまではOK?
平太
うん。
アヤ
上の表を見てね。
まず、1日目は当日含めた過去3日間の単純移動平均(終値の平均値)となるわ。
2日目以降は、
前日の移動平均値+0.5(α)×(当日の終値ー前日の移動平均値)
で算出されるのよ。
平太
なるほど。過去の平均値を使用しつつも直近の価格に比重を重く置いている、というのが分かるね。
でもさ、直近の価格に比重を置いた平均値を出すと何かメリットはあるわけ?
シンプルで簡単な単純移動平均を使えばよくない?
アヤ
前回も行ったように、SMA(単純移動平均)は過去の大きな値動きの影響を引きずりがちになったり、
売買シグナルが遅れがちになってしまうことがあるの。
平太
ああそうだったね。
アヤ
その問題点を解決できるのが、このEMAなのよ。
EMAの場合、過去の価格ほどその影響が指数関数的に減少するのでSMAに比べて直近の値動きに対する反応が早く現れるの。
平太
SMAよりもEMAの方が売買サインを早く確認できるってことだね!
アヤ
ええ。
一方で値動きに対して敏感に反応しすぎてしまって、ちょっとした価格上昇にもシグナルが出てしまい、
ダマシ(売買サインと逆に相場が動くこと)に合ってしまうこともあるの。
ダマシを減らしたいならSMAや異なるスパンのEMAを併用するのがいいかもしれないわ。

  パラボリックSAR

アヤ
次はパラボリックSARを説明するわね。
チャートの上下に表示されている白い点線がパラボリックSARよ。
パラボリックSARはSAR(Stop And Reverse)という数値を利用したテクニカル指標で、「ドテン」のシステムなの。
平太
「ドテン」って何?
アヤ
ドテン(途点)とは、トレンドが変わった時に手仕舞うだけでなく、逆のポジションをとること。
売りだったら買いポジション(ドテン買い)へ、買いだったら売りポジション(ドテン売り)へ、といったようにね。
平太
なるほど。ドテンのタイミングはどうやって判断するの?
アヤ
買いポジションはSARの上にチャートが位置している期間、売りポジションはSARの下にチャートが位置している期間よ。
売買サインとしては、下降しているラインが上昇しているチャート足と接触した地点を買いサイン
上昇しているラインが下降しているチャート足と接触した地点を売りサインと捉えることができるわね。

  ボリンジャーバンド

アヤ
次に説明するのはボリンジャーバンドよ。
ボリンジャーバンドは、移動平均を表す線とその上下に移動平均線に対する価格のバラツキを想定した上下の補助線で構成されたもので、
価格の勢いの変化や反転の目安・方向を見る指標よ。
ボリンジャーバンドの上下の補助線には標準偏差と正規分布の考え方が用いられているの。
平太
正規分布?何それ?
アヤ
下のような図を見たことない?

平太
どこかで見たような・・・。
アヤ
これは正規分布といって、ある期間の価格がその期間の平均値からどの程度ばらついているかを計算して線で結んだものよ。
横軸は標準偏差といって、データのばらつきを表すもので、平均からデータが離れているほど数値が大きくなるわ。
平太
で、これがどういう風にボリンジャーバンドに利用されているの?
アヤ
ボリンジャーバンドではこの正規分布を価格変動の予想に利用しているの。

アヤ
ボリンジャーバンドの範囲は設定で変更できるんだけど、基本的には±2σの範囲を見れば大丈夫よ。
具体的にチャート画面を見てみましょう。

アヤ
上図はボリンジャーバンドを±2σの範囲に設定した場合よ。
平太
チャートの大半がボリンジャーバンド内に収まってるね。
アヤ
±2σの場合、統計的には95.5%のチャートがボリンジャーバンド内におさまるはずだからまあ当然といえば当然だけどね。
逆にバンド内に収まらないチャートは平均から離れすぎていて、いずれ戻る(平均値に近づく)と予想されるの。
平太
つまりボリンジャーバンドの範囲から上に飛び出ているチャートは買われすぎ、下に飛び出しているチャートは売られすぎ、と判断されるわけだね。
アヤ
その通り!

アヤ
ボリンジャーバンドの幅の広さにも注目したほうがいいわ。
上図のようにボリンジャーバンドの上下の幅が狭くなっている状態を「スクイーズ」と呼ぶの。
この場合、価格変動が少ないため利益を上げることが難しい時期と言えるわね。
チャートの動きに変化が出るのを待って、様子見をするのがいいかもしれないわ。

アヤ
ボリンジャーバンドの幅が広くなっている箇所は「エクスパンション」と呼ばれていて、
バンドが上昇していれば上昇トレンド
下降していれば下降トレンドに入った、と推測することができるわ。

アヤ
チャートが±2σラインに沿って動くことを「バンドウォーク」といって、非常に強いトレンドを表すものよ。
平太
ふむふむ。
アヤ
エクスパンションが始まって、+2σのラインでバンドウォークが確認できた時を買いサイン
エクスパンションが始まって、−2σのラインが拡張から収束に方向転換した時点を売りサインと捉える見方もあるわ。

  ケルトナーチャネル

アヤ
次はケルトナーチャネルよ。
平太
見た目はボリンジャーバンドとすごく似てるね。
アヤ
確かにそうね。
ただ、ケルトナーチャネルの場合、アッパーバンドとロウアーバンドは
平滑移動平均±高値と安値の差の10日間移動平均値
で算出されているの。

アヤ
基本的な売買サインとしては、アッパーバンド(上部バンド)をチャートが上抜けた時を買いシグナル
下部バンドをチャートが下抜けた時を売りシグナルと捉えることができるわ。

MACD

アヤ
MACD(移動平均収束拡散手法)は短期と中長期の移動平均線を使用して売買タイミングを判断する手法よ。

アヤ
短期平均から長期平均を引いた数値MACD
MACDの単純移動平均シグナルと呼ぶの。
ヒストグラムはMACDーシグナルを視覚的に分かりやすく表したものよ。

アヤ
今回はシグナルとMACDの交点で売買シグナルを判断する方法を紹介するわ。
MACDがシグナルを下から上へクロスするポイントゴールデンクロスと呼ばれていて、買いサインと判断されるの。
逆にMACDがシグナルを上から下へクロスするポイントデッドクロスと呼ばれるもので、売りサインよ。
平太
MACDはどんな状況に適している指標なの?

アヤ
トレンドが発生している場合は売買サインが出やすく、適しているわね。
一方で売買が均衡して一定の値幅で上下を繰り返しているレンジ相場の時はあまり動きがないので参考にはなりにくいわ。

  一目均衡表

アヤ
一目平均表は一目山人というペンネームの株式評論家が開発したものよ。
平太
へえ、日本発祥のチャートなんだね。
線が5本もあって何がなんだか分からないんだけど・・・。

アヤ
5本の線のそれぞれの名称と概要は上図の通りよ。
「雲」というのは先行スパン1と先行スパン2の間に挟まれた部分のことよ。
売買シグナルを判断するときに重要なものだから覚えておいてね。
平太
はーい。
アヤ
一目均衡表を利用したトレンドの判断方法は色々とあるんだけど、今回はローソク足と雲のみを利用する手法を紹介するわね。

アヤ
2本の先行スパンに挟まれた雲のエリアがチャートの下降を遮っているときは、基本的に上昇トレンドと判断されるわ。

アヤ
逆に雲がチャートに覆いかぶさって、チャートの上昇を妨げているときは、下降トレンドと捉えられるわね。
平太
視覚的にトレンドが分かりやすいテクニカル分析だね。
アヤ
他にも色々と読み解き方はあるけどね!
ローソク足が遅行スパンとクロスした時や、転換線が基準線を下から上に抜けた時もトレンドの転換点と捉えられているわ。

  シャンデリアシステム

アヤ
シャンデリアシステムは、正式名称ボラティリティシステムと呼ばれるもので、
ATR(Average True Range)という数値を利用したパラボリックSARと同様のドテントレードシステムよ。
平太
手仕舞いした後に逆のポジションを取るってやつだよね。
アヤ
その通り。
売買サインとしては、パラボリックSARと同様に、
下降しているラインが上昇しているチャート足と接触した地点を買いサイン
上昇しているラインが下降しているチャート足と接触した地点を売りサインと捉えることができるわ。

  OBV

アヤ
OBV(On Balance Volume)は「出来高は価格に先行する」という考え方を基本にしたものよ。
差し引き計算による出来高を元にした指標で、値上がりした日の出来高の累計から、値下がりした日の出来高の累計を差し引いた指標よ。
平太
売買サインはどうやって判断するの?
アヤ
基本的にはOBVが上昇トレンドの際は買い、下降トレンドの際は売り、と判断されるわ。
OBVは中長期的投資でトレンドを使った売買を行いたい場合に有効活用することができるものである一方、短期のデイトレードには不向きな指標ね。
平太
自分のトレードスタイルによって指標を使い分けることが大事なんだね。

  ジグザグ

アヤ
ジグザグは距離を着ながら高値と安値を結んだもので、チャートの上昇・下降をシンプルに捉えるためのものよ。
大きな流れを確認するために使うことができる指標ね。
平太
この指標だけで売買サインを判断するのは難しそう。
アヤ
そうね。相場の天井やそこを判断するためには適しているけれど、
ジグザグチャート単独で利益を得ることは難しいから、他のテクニカル分析と組み合わせて利用するのがいいわね。

 

オシレーター系指標

アヤ
次は「買われすぎ」、「売られすぎ」といった相場の状態を判断してトレンドが転換するタイミングを捉えるオシレーター系指標について説明していくわ。

  RSI

アヤ
RSI(Relative Strength Index)は一定の値動きに対して上昇分の値動きの割合を求め、買われすぎ・売られすぎを判断する指標のことよ。
RSIの数値は50を基準に0から100までの値をとるの。
集計期間を14日と仮定すると、14日間全て価格が前日に比べ上昇した場合は、
RSIは100、逆に全て下落した場合はRSIは0の値をとるわ。
平太
仕組みは分かりやすいね。

アヤ
一般的にはRSIが70~80%以上だと買われすぎ、20~30%以下だと売られすぎと判断されるの。
穏やかな値動きの相場だと有効に機能するんだけど、強力なトレンドが出ている時は買われすぎ、
売られすぎサインが出た後も価格トレンドが変わらないことなどがあるわ。
RSIだけでなく、他の指標と合わせて使用するのがオススメね。

  ストキャスティクスRSI

アヤ
次はストキャスティクスRSIよ。
平太
普通のRSIとの違いってなんなの?
アヤ
RSIは値上がりの幅と値下がりの幅の比率から買われすぎ、売られすぎを判断するのに対して、
ストキャスティクスは一定期間の最高値と最安値の比率を利用するの。
平太
白とピンクの二本の線は何を示しているの?
アヤ
白色の線は%Kと呼ばれるもので
(当日の終値ーn日間の最安値)÷(n日間の最高値ーn日間の最安値)×100
で算出されるの。
nは5日間に設定されるのがポピュラーね。
平太
じゃあピンク色の%Dは?
アヤ
%Kの移動平均線よ。

アヤ
ストキャスティクスRSIの場合、%Dが80%以上であれば買われすぎ、
20%以下であれば売られすぎ、
と判断されることが多いわね。
平太
売買サインは?
アヤ
買われ過ぎゾーンで%Kが%Dを上から下に交差しているポイントが売りサイン
売られ過ぎゾーンで%Kが%Dを下から上に交差しているポイントが買いサインよ。
ストキャスティクスもRSI同様、ボックス相場の時に効果を発揮するチャートといえるわ。

  MFI

アヤ
MFIはMoney Flow Indexの略で、価格変動と出来高をもとに買われすぎ、売られすぎを判断する指標よ。
80%以上を買われすぎ、20%以下を売られすぎ、と判断するわ。

仮想通貨チャートの見方3:テクニカル分析を使用する際の注意点

アヤ
あ、そうそう一つ大事なことを言い忘れてた。
どのテクニカル分析も使用する際もダマシには要注意よ!
平太
ダマシ?
アヤ
ダマシっていうのはね、テクニカル分析で売買サインが出たのに実際の相場がサインと逆の動きをすることよ。
平太
えええ、そんなこと起こるの!?
アヤ
まあね。
完全にダマシを回避するのは難しいけれど、
オシレーター系の指標とトレンド系の指標を組み合わせて使ったり、
複数のテクニカル分析を参考にしたほうがいいわよ。

仮想通貨チャートの見方:まとめ

アヤ
あ〜たくさん説明したから喋り疲れちゃったな。
平太さんカフェラテ買ってきてよ。ミルク多めで氷抜きね。
平太
ええ、なんで僕が・・しかも注文が多いな。
でもチャートの見方について詳しく教えてくれたし、まあいいか。
アヤ
すぐに使いこなすのは難しいと思うけど、使っていくうちに徐々に慣れていくと思うわ。
平太
まずは仮想通貨の儲け分で日ハムの試合に月一で行けるくらいのお金を稼げるように頑張ってみるよ。
これからもよろしくね。

関連記事

この記事のタグ

おすすめ記事