仮想通貨ってなに?

2017.02.07
仮想通貨ってなに

いま話題の「仮想通貨」。
みなさんはどこまで理解できていますか?

仮想通貨は、英語ではCrypto Currencyといいます。直訳すれば「暗号通貨」です。

では、いったい何が暗号なのか。どうして仮想通貨がこんなに話題になっているのか。そもそも、仮想通貨とは何なのか。
ここでは、そういった初歩的なことから1つずつ解説していきます。

仮想通貨≠ビットコイン

仮想通貨、と聞いて最もよく連想されるのはビットコインという名前だと思いますし、しばしば仮想通貨=ビットコインと混同されてしまうこともありますが、仮想通貨はビットコインだけを指す言葉ではありません。
仮想通貨には他にもさまざまなものがあり、その数は現在公開されているだけで1300を超えています。

仮想通貨は通常、大きく2つに分類されます。最も市場規模の大きい1つの仮想通貨である「ビットコイン」があり、それ以外の仮想通貨はまとめて「アルトコイン」と呼んでいます。

また、発行主体の有無によって2つに分類する見方もあります。ビットコインに代表される「カレンシー」タイプの仮想通貨には発行主体は存在せず、通貨が持つアルゴリズムに従って、マイニングなどの手法で発行されていきます。

逆に、「アセット」タイプの仮想通貨には発行主体が存在し、発行量や発行速度が調整されます。「ビットコイン」や「イーサリアム」(後述)などの既存のカレンシータイプのブロックチェーンを利用して発行されるもので、「トークン」とも呼ばれます。

仮想通貨の用途

仮想通貨は現在、それぞれの特性に合わせて多様な分野で活用されています。文字通り通貨として用いられるだけではなく、用途にはさまざまなものがありますが、メジャーなものとしては次のようなものが挙げられます。

•通貨
…円やドルといった法定通貨のように、モノの売買に使われる。ビットコインなど。

•開発ツール
…プラットフォームとして機能し、多様なサービスを作るためのシステムを提供する。イーサリアムなど。

•プロダクト
…組織運営や個人情報管理などのツールを提供する。シビックなど。

•フィンテック
…フィンテック(情報技術を用いた革新的な金融サービスのこと)に用いられる。バンコールなど。

•バリューエクスチェンジ
…シェアリングエコノミーのように必要なものを提供しあうプラットフォームとして機能する。ゴーレムなど。

•データ処理
…IoTやサプライチェーンの構築などに使われる。FOAMなど。

•データの記録・証明
…資産や文書などの管理に用いられる。ファクトムなど。

他にも、予測市場・ギャンブルに使われるものや、ゲーム内通貨として使われるものなど、さまざまな仮想通貨が存在し、流通しています。

「暗号」通貨と呼ばれるわけ

では、仮想通貨はなぜ「暗号」通貨なのでしょうか。その理由は、仮想通貨が働く仕組みにあります。

まず、仮想通貨(暗号通貨)という言葉は一般に、暗号や電子署名などの技術を用いて取引を行うデジタル通貨のことを指します。暗号化技術を土台にしている通貨であるがゆえに、“Crypto” Currencyと呼ばれるのです。

仮想通貨の多くは、「ブロックチェーン」という技術を用いていますが、DAG型と呼ばれるバイトボールなどの仮想通貨のように、ブロックチェーン以外の技術を利用する仮想通貨もあります。ブロックチェーンについては、「ブロックチェーンとは?」をご覧ください。

例えば、日本円で偽札が簡単に作れるようになった状況を想像してみてください。流通しているお金に偽札が混じっているかもしれないと思ったら、日本円を受け取りたいとは思わないはずです。そうなったら日本円は価値を失い、取引に使えなくなってしまいます。

仮想通貨でも同じことで、簡単にデータの改ざんができたらお金としての価値はなくなってしまいます。暗号化のさまざまな技術を用いて、そうした改ざんを防ぐことで、仮想通貨は価値を保っているのです。

仮想通貨のこれまでとこれから

2009年にビットコインで最初の取引が行われて以降、始めは少しずつ、近年では爆発的に仮想通貨の種類数や取引は増加し、仮想通貨市場は膨張を続けてきました。

グラフにあるように、公開されている仮想通貨数は増加の一途をたどっており、現在では1300種類を超えています。また、仮想通貨全体の市場規模も4000億ドルを超えています(2017年12月8日現在)。

2013年4月の仮想通貨の種類ごとのシェアをみると、ビットコインが94%を占めていました。当時はアルトコインが7種類しかありませんでした。

アルトコインの数が600を超えた2017年1月の時点でも、ビットコインは88%と9割近くのシェアを誇っていました。

しかしその後、イーサリアムをはじめとしたアルトコインのシェアが急激に拡大し、ビットコインのシェアは50〜60%まで低下しました。

この先も、仮想通貨の利用が拡大しさまざまな分野で活用されていくことが予想されます。
例えば、仮想通貨を用いて資金を集め、事業を起こす取り組みは、さらに盛んになるかもしれません。通常の取引に加えて先物取引市場も膨張しているため、仮想通貨への投資額がさらに増加していくことも予想されます。また、韓国でメッセージアプリを利用した仮想通貨取引所が現れたように、日常生活と密接に結びついたサービスも多く登場するでしょう。

仮想通貨についてさらに理解を深め、うまく活用していきたいですね。

この記事のタグ

関連記事

おすすめ記事