毎日更新!ビットコインはもちろん、仮想通貨のことがよくわかる情報サイト

【プレスリリース】BBOD:世界初のハイブリッド型トレーディングプラットフォームが稼働開始

2018.09.19
BBOD プレスリリース

<この記事(ページ)は 4分で読めます>

今日現在、世界中のトレーダーが世界初のハイブリッド型トレーディングプラットフォームであるBlockchain Board of Derivative(ブロックチェーン・ボード・オブ・デリバティブズ) (以下BBOD)にアクセスしています。このプラットフォームは、GMEXテクノロジーとの共同開発であり、8月3日に稼働開始しました。

今から約8年前、BBODの共同創始者かつチーフテクノロジーオフィサーであるクリス・ウルバノヴィチ氏が、ハイブリッド型の仮想通貨トレーディングプラットフォームを作るという構想を初めて明かした際、投資家たちは彼をあざ笑いました。それから数年にも及ぶ計画、開発、資金調達の末、ついにウルバノヴィチ氏と彼のチームが世界初のハイブリッド型トレーディングプラットフォームの立ち上げに至ったのです。

ハイブリッド型の仮想通貨トレーディングプラットフォームとは何か?

中央集権型の取引所では高速にトランザクションを処理しますが、トレーダーに資金管理の引き渡しを求めることで、トレーダーをセキュリティのリスクにさらします。分散型のプラットフォームでは、トレーダーが資金管理し続けることで、より高いセキュリティを提供しますが、繰り返しラグが起こり、トレーディングのオプションも限られています。

BBODは、中央集権型のスピードと分散型のセキュリティを組み合わせます。これは、トレーディング業界における新しい見解、つまりハイブリッドなアプローチの幕開けです。プラットフォームはスマートコントラクトのウォレットシステムを採用し、トレーダーは自身で資金管理をすることができます。このシステムによって、各トレーダーは特別に取引のために指定した個人の仮想通貨ウォレットを作ります。そして、そのスマートコントラクトのウォレットをGMEXテクノロジーに基づいた高速な中央集権型のマッチングエンジンに繋げます。このマッチングエンジンは、平均75ミリ秒のレイテンシーで毎秒125万の注文を処理します。

BBODにおけるイーサリアム、ビットコイン、リップルの取引

BBODはレバリッジが利用できる様々なピアツーピアの契約を提供します:
● イーサリアム − 米ドル 無期限契約
● イーサリアム − 米ドル 先物契約
● ビットコイン − イーサリアム 先物契約
● リップル − イーサリアム 先物契約

プラットフォーム独自のBBDトークンを使うと、トレーダーは手数料の最大20%までの割引を受けることができます。分散型の資金管理によるセキュリティと、レバリッジ取引の有利な要素を組み合わせることで、BBODはリスクを最小化し、利益を最大化する可能性をトレーダーに与えます。

構想が実現する

『私は喜びとともに、このトレーディングプラットフォームの開発を一緒に行ってきた全ての人に対する感謝の気持ちでいっぱいです。2011年には誰も私の構想を信じなかったが、今や世界中の人々がBBODでトレーディングをしている。まさにそれは夢として始まり、世界的な動向に発展したということでしょう。』と、ウルバノヴィチ氏は語ります。

BBODにおける分散型の資金管理、レバリッジ取引、高速なトランザクション処理の革新的な組み合わせは、仮想通貨取引業界において新しい時代を刻みます。また同時に、適したチームと力強い構想と大変な努力があれば、まさにどんなことでも実現できることを証明しています。

【お問い合わせ先】
森谷あ貴
日本担当(マーケティング・通訳)
Email: aki@bbod.io

ピーター・アレンダルスキ
共同創始者・チーフエコノミスト
Email: peter@bbod.io

BBODウェブサイト: https://bbod.io/

関連記事

この記事のタグ

おすすめ記事