MURAサイト

タイの証券取引委員会が仮想通貨やICOの規制枠組みを発表、7種類の仮想通貨を認定へ

タイの証券取引委員会が仮想通貨やICOの規制枠組みを発表、7種類の仮想通貨を認定へ

タイの証券取引委員会が仮想通貨やICOの規制枠組みを発表しました。

これは、先月施行した、タイの証券取引委員会(SEC)を仮想通貨法規制の担当に置いた法令や、仮想通貨取引の税法に続くものです。

規制では取引ペア、及びICOに使用する仮想通貨として、ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、イーサリアムクラシック、ライトコイン、リップル、ステラの7種類が承認されるようです。

CRIPCYの人気取引所ランキング

ビットコインなどの仮想通貨を買うには、まずは取引所に口座開設しましょう
登録はとても簡単。10分で完了します

おすすめ取引所1位 bitFlyerビットコインの現物取引もFXも対応なので、まずは登録しておくべき取引所→bitFlyerの詳細はこちら
おすすめ取引所2位 GMOコインリップルが買える!取引・出金手数料が無料→GMOコインの詳細はこちら
おすすめ取引所3位 DMMビットコイン 数少ないリップルのレバレッジ取引対応。LINEの24時間サポートも◎→DMMビットコインの詳細はこちら

コンセンサスを得た一定の信頼性と流動性がある7つの仮想通貨

と、SECでは選出の基準を述べていますが、現地メディアによるとこれらの7つの仮想通貨は、プライバシーを促進しない、つまり匿名性の高い仮想通貨ではない為だとしています。

仮想通貨取引所は8月14日までにライセンスを申請する必要があり、現在ブローカーやディーラーも含めて10社が申請すると予測されています。
また、年間手数料も設けられており、仮想通貨取引所の取引総額の0.002%、ブローカー企業は総取引量の0.001%です

ICO事業者は、登録申請および登録資本金が必要となり、少なくとも1年間はICOの管理状況を報告することが義務づけられています。
また、投資額の上限も定められているようです。

未登録でのICOで販売やセミナーなどで投資の勧誘などをした場合は、高額の罰金や2年の禁固刑なども用意されています。

タイのように仮想通貨の取引所やICOについて明確に規制を行うことは非常に画期的な試みであるといえます。

この規制は今月後半に実施されるため、実施後の業界の動向に注目していきましょう。

参考サイト:
https://news.bitcoin.com/thailand-crypto-regulations-legalizing-cryptocurrencies/


初心者も中・上級者も必見】CRIPCYおすすめの仮想通貨取引所を紹介します

まずはここから!安心・使いやすい仮想通貨取引所3選

取引所 特徴・おすすめポイント 公式HP
ビットコインの取引量日本一!ビットフライヤーライトニングでレバレッジ取引もできる 公式HP
FX経験者におすすめのレバレッジ5倍。さらに取引手数料無料! 公式HP
国内初!ネム・リップル・イーサリアムなど7種類のアルトコインのレバレッジ取引ができる 公式HP

安い手数料と豊富な銘柄が魅力!海外取引所3選

取引所 特徴・おすすめポイント 公式HP
利用者数世界No.1!新規銘柄をいち早く取引するならバイナンス。 取引手数料はわずか0.05% 公式HP
ニューヨークのビットライセンス取得で信頼性◎取り扱いコインも200種類以上と豊富。 4/11新規登録受付再開! 公式HP
世界最大級のチャートが見やすい取引所。レンディング機能で利子も得られる。 公式HP
LINEで送る
Pocket

こちらの記事はお役に立ちましたか?
CRIPCYでは、皆さまのお役に立つ記事の発信に努めていきます。
ぜひブログランキングでの応援も、よろしくお願いいたします。