MURAサイト

米規制当局がビットコイン先物取引の価格操作について、複数の取引所を対象に捜査を開始

米規制当局がビットコイン先物取引の価格操作について、複数の取引所を対象に捜査を開始

米商品先物取引委員会(CFTC)の規制担当者がビットコイン先物取引のデータの開示を4つの取引所に対して要求していることが明らかになりました。

今回の捜査はCMEグループのビットコイン先物取引においてビットコイン価格およびその他の仮想通貨の価格が操作された可能性があり、それについて捜査する為召喚状を送ったと報道されています。

12月に開始されたCMEグループのビットコイン先物取引のビットコインの価格を決定する根拠としているのは、ビットスタンプ、コインベース、イットビット、クラーケンの4つの仮想通貨取引所からのデータです。

CRIPCYの人気取引所ランキング

ビットコインなどの仮想通貨を買うには、まずは取引所に口座開設しましょう
登録はとても簡単。10分で完了します

おすすめ取引所1位 bitFlyerビットコインの現物取引もFXも対応なので、まずは登録しておくべき取引所→bitFlyerの詳細はこちら
おすすめ取引所2位 GMOコインリップルが買える!取引・出金手数料が無料→GMOコインの詳細はこちら
おすすめ取引所3位 DMMビットコイン 数少ないリップルのレバレッジ取引対応。LINEの24時間サポートも◎→DMMビットコインの詳細はこちら

仮想通貨は複数の理由で詐欺の餌食になりやすい、と当局は警告

連邦検索局と協力して捜査に乗り切った規制当局はこの4つの取引所で操作された取引のデータがCME先物取引のビットコイン(BTC)データをゆがめたと考えてこれらの取引所にビットコインなどの取引データを要求している模様です。

なりすまし、フェイクオーダーなどによるニセ取引や共謀など様々な視点から捜査していると言われており、各取引所が積極的にチーター(詐欺師)をおいかけていると言っていることや値上がりを容易にすることができるワイルドな価格変動性にも疑わしい目を向けられているようです。

2017年12月の高騰と、2018年1月の大幅な下落は、共にビットコイン先物取引が引き金となったという見方があります。

相場に多大なる影響を与えたことを考えると、今回の調査の結果は非常に興味深いものになりそうです。

参考サイト:
https://www.financemagnates.com/cryptocurrency/news/us-cftc-suspects-bitcoin-futures-price-manipulation-subpoenas-exchanges/
https://cointelegraph.com/news/wsj-cme-and-btc-exchange-dispute-led-us-regulators-to-open-price-manipulation-probe

【こちらの記事もおすすめです】

ビットコイン先物がシカゴ取引所に年内上場

話題のビットコイン先物上場ってなに?


初心者も中・上級者も必見】CRIPCYおすすめの仮想通貨取引所を紹介します

まずはここから!安心・使いやすい仮想通貨取引所3選

取引所 特徴・おすすめポイント 公式HP
ビットコインの取引量日本一!ビットフライヤーライトニングでレバレッジ取引もできる 公式HP
FX経験者におすすめのレバレッジ5倍。さらに取引手数料無料! 公式HP
国内初!ネム・リップル・イーサリアムなど7種類のアルトコインのレバレッジ取引ができる 公式HP

安い手数料と豊富な銘柄が魅力!海外取引所3選

取引所 特徴・おすすめポイント 公式HP
利用者数世界No.1!新規銘柄をいち早く取引するならバイナンス。 取引手数料はわずか0.05% 公式HP
ニューヨークのビットライセンス取得で信頼性◎取り扱いコインも200種類以上と豊富。 4/11新規登録受付再開! 公式HP
世界最大級のチャートが見やすい取引所。レンディング機能で利子も得られる。 公式HP
LINEで送る
Pocket

こちらの記事はお役に立ちましたか?
CRIPCYでは、皆さまのお役に立つ記事の発信に努めていきます。
ぜひブログランキングでの応援も、よろしくお願いいたします。