Googleがビッグデータ分析のプラットフォームにイーサリアムを追加

2018.09.04
Googleがビッグデータ分析のためにイーサリアムを使用

<この記事(ページ)は 2分で読めます>

イーサリアム(ETH)に注目したGoogle

いまやインターネット界の巨人と化したGoogle、おそらくネットを利用している人で知らない人はいないでしょう。そのGoogleが先日、ビッグデータ分析の為のプラットフォームであるBigQuery(大規模なデータセットを保存したり、それに対してクエリを実行するエンタープライズデータウェアハウス)に、ETHを新たに追加しました。

同社は今週土曜日にブログでこのことに関する情報を公開し、その中で『トランザクションステータスやウォレット残高の確認などのAPI機能を確認したい』と話していましたが、実際にETHのブロックチェーンに含まれている全てのデータにアクセスすることは極めて難しく、時間のかかるプロセスになるでしょう。同社は続けて、『このようにブロックチェーンの仕組みを可視化することで、どの分野の発展に力を入れるべきかなどのビジネスに関する決定がよりしやすくなるでしょう。』と述べています。

GoogleはETHを上手く分析できるのか

Googleがクラウドプラットフォームで構築してきたシステムソフトウェアは、ETHのブロックチェーンと提携しているデバイスを同期させることを円滑に行うシステムをすでに持ち合わせているので、効率的に取引に関するデータを引き出すことが可能だと同社は予測しています。収集されたデータはより綿密な調査を行う為にBigQueryに保管され、統計化される予定です。ちなみに、Bitcoinのデータは既にGoogleによってBigQueryに追加されており、同社はさらに詳しいデータの収集を行なっています。

Google が今後どのような進化を遂げていくのか、そこに仮想通貨市場がどのように関わっていくのか、注目したいですね。

 

<参考サイト>

https://www.coindesk.com/google-now-provides-a-big-data-view-of-the-ethereum-blockchain/

 

関連記事

この記事のタグ

おすすめ記事