毎日更新!ビットコインはもちろん、仮想通貨のことがよくわかる情報サイト

自動車ブロックチェーン市場2026年までに16憶ドルに達する見込み

2018.08.26
自動車ブロックチェーン市場2026年までに16憶ドルに達する見込み

<この記事(ページ)は 3分で読めます>

8月21日に公開されたBIS Researchの市場調査レポートによると、2018年から2026年の自動車産業でのブロックチェーン市場の年平均成長率(CAGR)は65.80%になると推測されています。世界の自動車ブロックチェーン市場規模は2026年までに15億7500万ドルに達する見込みであると発表されました。

なぜ今、自動車産業でブロックチェーンがきている?

自動車産業でのブロックチェーン市場の好調な成長は分散型台帳技術(DLT)の人気が高まっていることやブロックチェーン技術を導入することによって得られる、データの透明性や信頼性、セキュリティの向上、不変性などの多数の利点によるものであると考えられています。

ブロックチェーン×自動車産業の今後の発展、実用例

自動車産業では将来的にはブロックチェーン技術を活用して、自動運転を実現するという大きな目標があります。自動運転は現在の自動車産業で最大の夢であり、その夢を実現するには膨大なデータを高い安全性を備えて管理することのできるブロックチェーン技術が必要不可欠であると言われています。

ブロックチェーン技術を利用している例としてわかりやすいものはスマートフォンを用いたサービスです。ドライバー認証や自動車のロック・アンロック、ドアの開け閉めなどをスマートフォンアプリで行うというものがあります。商用車ではどこの企業でも共通しているドライバー不足やドライバーの管理、人件費や燃料代などコストの問題の解決にブロックチェーン技術を用いることが考えられています。他にも荷物の運搬後、空の状態で帰ってくるという非効率さも問題点として挙げられています。他にも、配達分野ではブロックチェーンによる個人認証により運搬に信頼できる人を見分け、安心安全に荷物を送ることができるシステムが考えられています。

ビットコインによりブロックチェーン技術が発明されてから10年程になりますが、ブロックチェーンアプリケーション分野はまだまだ未熟であるのが現状です。自動車産業がこの分野に革新的な発展をもたらす日もそう遠くはありません。ブロックチェーン技術の導入により、自動車に最先端のloTデバイスが取り付けられたとしても、これからも自動車の安全性は保たれることでしょう。ブロックチェーン技術による自動車産業の急発展には今後さらに期待が高まりそうです。

参考サイト
‘https://www.prnewswire.com/news-releases/global-automotive-blockchain-market-to-reach-1-6-billion-by-2026-bis-research-report-896710546.html’
‘https://cointelegraph.com/news/research-global-automotive-blockchain-market-set-to-reach-16-billion-by-2026’
‘https://response.jp/article/2018/05/24/310037.html’
‘https://jp.cointelegraph.com/news/german-automotive-innovation-could-drive-real-world-blockchain-usage’

関連記事

この記事のタグ