アメリカ自動車メーカーフォードに特許、仮想通貨で交通渋滞解消

2018.04.02
アメリカ自動車メーカーフォードに特許、仮想通貨で交通渋滞解消

<この記事(ページ)は 2分で読めます>

先週、公表された特許は、Ford Global Technologies, LLC に与えられたもので、

車両間の速度を調整する通信があれば、それぞれの走行時間の選択を重視するドライバーの心理状態をある程度和らげることが出来る、

という提案で交通渋滞を緩和する方法にフォーカスしています。

個々のトークンベース取引で運用されるCMMPシステム

ドキュメントによれば、Cooperatively Managed Merge and Pass(CMMP)という「協調型車間距離維持支援システム」を構築し、モジュール搭載の参加者間において、ドライバーの運転行動をモニター録画し、収集したデータを共有するというものです。

このシステムを搭載した車両のドライバーは個々の希望する運転時間を通信し、余裕のあるドライバーと急いでいるドライバ―の間で、CMMPトークンを取引します。
例えば、遅れを取り戻したいドライバ―は、システムに参加しているドライバ―にリクエストを送り、承諾されると1CMMPトークンを支払って10秒間優先的に道を譲ってもらうことが出来ます。

フォードは、昨年からブロックチェーン技術者の採用を募っており、スマート・モビリティ・ソリューションの開発に力を入れていました。

このシステムが実現すれば、多くのドライバーの状況に合わせて合理的な交通整理をすることが可能です。

仮想通貨の技術が社会の様々な問題を解決する、ゆずりあいの精神の手段になれるという可能性が感じられる例ですね。

参考サイト:
https://www.coindesk.com/ford-patent-envisions-car-car-crypto-transactions/

関連記事

この記事のタグ

おすすめ記事