毎日更新!ビットコインはもちろん、仮想通貨のことがよくわかる情報サイト

ナスダックが仮想通貨に関する非公開の会合を開く

2018.07.31
Nasdaq 仮想通貨 会合

<この記事(ページ)は 2分で読めます>

会合の参加者には先日SECにビットコインETFの申請を拒否されたウィンクルボス兄弟の運営する取引所ジェミニのメンバーなどもいたとみられているそうです。

会合のメンバー、中身は?

ブルームバーグの報道によると、先週ナスダックがシカゴで同社と長い付き合いがある会社や、仮想通貨関係の会社など6社の代表による少人数で、仮想通貨に関する非公開の会合を開いたとのことです。この会合の主な議題は、仮想通貨業界の合法化や、将来に向けてのブロックチェーン技術に関することであったということです。

記事によると、未だにウォール街の多くの会社が仮想通貨業界に参入していないのは、仮想通貨界にはびこる詐欺などが要因となっているのではということで、これを解決するために今後も同様の会議が開かれていくということです。

ナスダックの仮想通貨に対するスタンス

ナスダックは仮想通貨業界の将来性について、肯定的で、今年6月には、ジェミニを含む仮想通貨取引所5社に技術を提供したことを明かしています。ナスダックは、仮想通貨市場に関して、規制が整いさえすれば、というふうに考えているようです。

参考サイト
“https://jp.cointelegraph.com/news/crypto-fiat-firms-discuss-cryptocurrency-legitimation-in-closed-door-nasdaq-meeting”
“https://www.bloomberg.com/news/articles/2018-07-27/crypto-players-gather-as-nasdaq-bids-to-burnish-industry-s-image”

関連記事

この記事のタグ

仮想通貨の投資には
やっぱり情報が大切
LINE@には仮想通貨投資に
役立つ情報がいっぱい

ようこそ
CRIPCY公式LINEアカウントへ

LINE@では今後の価格予想や、気になるICO銘柄、 最新の仮想通貨ニュースを随時配信しています。
PCよりこのページをご覧の方は
下記のQRコードよりLINE@にご登録ください。
※本サービスはLINEの使用(スマートフォン版のみ対応)が必須です。LINE@の解除はいつでも簡単に行っていただけますのでご安心ください。CRIPCY村通信という名前で追加されます。