毎日更新!ビットコインはもちろん、仮想通貨のことがよくわかる情報サイト

2024年にビットコインユーザーは全世界で2億人に達すると予測。しかし実用化に向けた問題解決が不可欠

2018.07.06

<この記事(ページ)は 2分で読めます>

ロシアのニュース専門局であるロシアトゥデイ(RT)が報じたところによると、あるアナリストたちは、「現在の指数関数的な増加率を考慮すると、2024年にはビットコインのユーザー数は全世界で2億人に達する」という予測を示しました。

イギリスのケンブリッジ大学の研究グループでは、2017年3月に公表された仮想通貨に関する報告書の中で、ビットコインウォレットの研究発表時点でのユーザー数を290万人から580万人の間であると概算しています。

ビットコインの利便性、流動性の向上のほかにブロックチェーンのスケーリング問題解決が課題

指数関数的なユーザー数増加予測の主な理由として、直近での急速なユーザー数の増加が挙げられています。

また、ビットコインが世界的に有力な価値保存の手段として定着するにつれて、金融機関、金融サービスのプロバイダー、その他期間がビットコインに関連するサービスを開始するようになることが予想されます。

それにより、さらにビットコインの利便性と流動性が向上していくことで、ユーザー数が増えていくことが見込まれます。

その一方、ユーザーが通貨としてビットコインを採用するには、ブロックチェーンネットワークの基本的なスケーリングの問題などを解決する必要があります。

今後ライトニングネットワークなどを通じて、マイクロペイメントや実質的に低い手数料の取引を処理することを可能にしていくことは不可欠といえるでしょう。

最近ではビットコインの価格は低迷気味ですが、長期的目線で見れば、実用性、価値の両面で、今後さらなる発展が期待できるのではないでしょうか。

参考サイト:
https://www.ccn.com/exponential-growth-number-bitcoin-users-reach-200-million-2024/
https://www.jbs.cam.ac.uk/faculty-research/centres/alternative-finance/publications/global-cryptocurrency/#.WzmGDNj7Rxh

関連記事

この記事のタグ