毎日更新!ビットコインはもちろん、仮想通貨のことがよくわかる情報サイト

ゴールドマン・サックスが仮想通貨カストディサービス提供を計画中

2018.08.08
ハワイ州 銀行による仮想通貨カストディ合法化へ

<この記事(ページ)は 2分で読めます>

ゴールドマン・サックス、カストディサービスの導入を検討

8月6日付のBloombergの報道で、ゴールドマン・サックスグループが仮想通貨を対象としたカストディサービスを計画中であるということが明らかになりました。

同社の広報担当者は今回の計画に関し、
「さまざまなデジタル製品に関心を持つ顧客に応えるため、私たちはこの分野でどのようにサービスを提供するのが最善か模索しています。
現時点では、デジタルアセットの提供に関しては何も決定していません。」
とコメントしました。

Bloombergによれば、ゴールドマン・サックスのような機関が正式にカストディサービスを導入することで、プライム・ブローカレッジサービス(ヘッジファンドに対しサービス提供する業務のこと)を含む他の事業に繋がる可能性がある、ということです。

ゴールドマン・サックスの他に、Coinbaseも40種の仮想通貨のカストディサービス導入を検討しているようです。
今後どのような方針でサービスを導入していくのか注目です。

参考サイト
”https://www.zerohedge.com/news/2018-08-06/goldman-considering-offering-cryptocurrency-custody-services”
”https://cointelegraph.com/news/bloomberg-goldman-sachs-plans-crypto-custody-offering-despite-bleak-market-predictions”
”https://bitcoinmagazine.com/arti”

関連記事

この記事のタグ