IOTA(アイオータ)がここ9カ月で最も下落。原因はSirin Labsの選択

2018.08.11
Sirinlabs イーサリアムを選択 IOTA急落

<この記事(ページ)は 3分で読めます>

Sirin Labsはイーサリアムを選択

IOTAは8月7日、時価総額が83円まで急落し、過去9ヵ月で最低値を記録しました。
この原因は、スイスのスマートフォン開発企業Sirin Labsにあったようです。

同社は、業界初となるブロックチェーンスマートフォン「FINNEY」を開発し、IOTAのブロックチェーンTangleを導入予定であると以前発表していました。
しかし、考えが変わったのか、IOTAではなくイーサリアムのプライベートプロックチェーンを採用することに決定。

Sirin LabsのCMOを務めるNimrod May氏はETHニュースに対し、
「我々はこれ以上IOTAと協力するつもりはありません。
選択を検討し、道筋を決定しました。
ローンチの際にはイーサリアムのブロックチェーンを使用する予定です。
FINNEYフォンはSirin Labsをホストとした完全なノードを介して作動します。
ホワイトペーパーをリリースして以降、我々の計画は常にSRNトークンとエコシステムを次世代ブロックチェーンに移行させることでした。」
とコメントしました。

IOTA、過去9ヵ月で最低値を記録

この報告を受けた後IOTAの時価総額は83円まで急落し、8日現時点ではさらに74円台まで価格が下落しています。

IOTA 価格 急落 Sirin Labs

Sirin Labsの選択は一時的なもの?

Sirin Labsの選択に対しメディア側は、Sirin Labsが今後FINNEYに関しては第三世代ブロックチェーンに頼っていきたいと望んでいることから、今回第二世代ブロックチェーンであるイーサリアムを選択したのも一時的な解決策に過ぎない、としています。

FINNEYは今年の11月に1台約10万円で発売予定となっており、2万5000台以上が事前予約されているとのこと。

Sirin Labsは2016年に150万円もする世界一安全な高級スマートフォン「Solarin」を販売しており、その驚きのスペックから、FINNEYに対しても期待が寄せられていることがわかります。
FINNEYを通じてブロックチェーンの有用性が広がる可能性はもちろん、その普及度合によってはSirin LabsのトークンSRNも大きく影響を受けるでしょう。

参考サイト
”https://cryptovest.com/news/sirin-labs-leaves-iota-for-ethereum-iota-drops-to-lowest-level-in-9-months/”
”https://coinjournal.net/sirin-labs-cho”

関連記事

この記事のタグ

おすすめ記事