毎日更新!ビットコインはもちろん、仮想通貨のことがよくわかる情報サイト

米国の退職者2.7%がビットコイン保有、33%はビットコインを知らない

2019.04.22
米国退職者の3%がすでにビットコインを保有、33%は”ビットコインを知らない”

<この記事(ページ)は 2分で読めます>

米国の退職者の約3%が、ビットコインを保有していることが調査結果で明らかになりました。

ゴールドIRAガイドは4月に50歳以上の米国人退職者1000人1を対象に、ビットコイン投資についての調査を行いました。

50歳以上の退職者1000人を対象にビットコイン投資に対する見方を調査したとのことです。

退職者のビットコイン投資に対する見方

調査結果によると、回答者の56.7%はビットコインを知っているが、投資対象としては興味がないと答えたとのことです。
一方では2.7%がすでに幾らかのビットコインを保有していると答えています。

また、3.5%の人がビットコインに投資したいと思っているが始め方がわからないと回答しています。
一方で4.5%は興味はあるがまだ投資はせずに状況を見守りたいと回答しています。

このことから、米国人退職者層の大部分はビットコインについての知識がなく、32.9%の人は”ビットコインが何なのか全くわからない”と答えています。

米国退職者と仮想通貨

米国の退職者の間では、半分以上がビットコインを知ってはいるものの、投資に対して保守的な考えを持つ一方、一部の2.7%はすでに保有しているという大きな違いがみられました。

The Trade Crypto が公開した調査によると、2018年にはファンドの94%が仮想通貨関連の投資に割り当てられていたとのことです。

参考サイト:
”https://cointelegraph.com/news/3-of-american-retirees-own-some-bitcoin-while-33-have-no-idea-what-bitcoin-is-survey”

関連記事

この記事のタグ

仮想通貨の投資には
やっぱり情報が大切
LINE@には仮想通貨投資に
役立つ情報がいっぱい

ようこそ
CRIPCY公式LINEアカウントへ

LINE@では今後の価格予想や、気になるICO銘柄、 最新の仮想通貨ニュースを随時配信しています。
PCよりこのページをご覧の方は
下記のQRコードよりLINE@にご登録ください。
※本サービスはLINEの使用(スマートフォン版のみ対応)が必須です。LINE@の解除はいつでも簡単に行っていただけますのでご安心ください。CRIPCY村通信という名前で追加されます。