毎日更新!ビットコインはもちろん、仮想通貨のことがよくわかる情報サイト

米カストディ資産額が急増 将来的には20億も視野に

2019.06.18
米カストディ資産額が急増 将来的には20億も視野に

<この記事(ページ)は 3分で読めます>

米国仮想通貨コインベース傘下のカストディ企業Coinbase Custodyは13億ドル相当の顧客預り資産(AUC)を保有していると発表しました。

将来的には20億ドルまでの増加を見込んでいるとのことです。

Coiinbase Custodyは今年5月中旬に10億ドルを突破したと発表したばかりで約ひと月で3億ドル(325億ドル)相当増加したことになります。

機関投資家からの需要が着実に増加している現状が明らかになりました。

資産の40%は米国外から

カストディ資産の40%は米国外から預け入れられているとのことです。
有力な仮想通貨が資産クラスとして認知される中、ロンドンなど金融の中心街が仮想通貨技術革新の中心になり得るとのことです。

Coinbaseは、仮想通貨業界で機関投資家のマネー牽引を目指してカストディ部門を設立しました。

ニューヨーク州金融サービス局から正式にカストディアンの認可を受け、「預託信託会社」と同様なポジションに昇格しCoinbaseから独立しています。

また、投資会社Wilshire Phoenixを連携し、機関投資家向けの仮想通貨ファンドの立ち上げなども発表しています。

仮想通貨業界全体でも大口資産の扱いが増加傾向

仮想通貨業界でも大口資産を扱うヘッジファンドやファミリーファンドなどが増加傾向にあるといいます。

特に特殊なセキュリティ環境が必要とされる仮想通貨分野において、カストディ業者のビジネス機会が増加しており、2019年に入ってからは特にその需要が増加傾向にあるとのことです。

需要拡大に伴い、急がれるカストディ以外のサービス拡充

Coinbaseと並び、世界的に規模を拡大しているBItGoのカストディーサービスでは、英国最大手の保険企業ロイズを通じて110億円相当の保険サービスの提供を行うほか、入出金以外の全ての取引をオフライン化するシステムも発表も行なっています。

仮想通貨業界の保管業務も従来の金融業のカストディ業務のレベルまで高まってきているといいます。

また、保管業務以外にも、取引の決済、配当金や元利金の受領、議決権の行使、コーポレートアクションの報告など事務的業務の対応もサービス拡大の方向へ動いているとのことです。

参考サイト:
”https://cointelegraph.com/news/coinbase-custody-holds-13b-in-assets-under-custody-expects-to-hit-2b-soon”

関連記事

この記事のタグ

仮想通貨の投資には
やっぱり情報が大切
LINE@には仮想通貨投資に
役立つ情報がいっぱい

ようこそ
CRIPCY公式LINEアカウントへ

LINE@では今後の価格予想や、気になるICO銘柄、 最新の仮想通貨ニュースを随時配信しています。
PCよりこのページをご覧の方は
下記のQRコードよりLINE@にご登録ください。
※本サービスはLINEの使用(スマートフォン版のみ対応)が必須です。LINE@の解除はいつでも簡単に行っていただけますのでご安心ください。CRIPCY村通信という名前で追加されます。