毎日更新!ビットコインはもちろん、仮想通貨のことがよくわかる情報サイト

リップル COVID-19に20万ドル寄付&エアドロップ詐欺にご注意

2020.03.27
リップル COVID-19に20万ドル寄付&エアドロップ詐欺にご注意

<この記事(ページ)は 5分で読めます>

リップルから良いニュースと悪いニュースがあります。

まずは良いニュースから、
Ripple Lab (リップルラボ)は、25日に二つの非営利団体に20万ドル(約2200万円)を寄付することを発表しました。これらの寄附は全米に拡散したコロナウィルスの封じ込めの為に役立てられます。


(出典 https://twitter.com/Ripple/status/1242918898640367616)

Tipping Point とSilicon Valley Community Foundationへ、それぞれのResponse Fundに10万ドルずつ支援するということです。

Tipping Point Communityはサンフランシスコに拠点を置く非営利団体で、カリフォルニア市の貧困と戦うために賛同した有志ネットワークで運営されています。

彼らはCOVID-19の緊急事態の問題に取り組む為に300万ドル(約3億3000万円)を調達することを目標にしているようです。


(出典 https://twitter.com/tippingpoint)

一方、シリコンバレーコミュニティ財団は、ベイエリアの10の群から成るシリコンバレー地域のCOVID-19感染を封じ込めることが目的です。

これは、現時点で世界中の政府が感染予防のために市民同志が適切な社会的距離を取るよう対策を講じている時期には、特に先を見据えた地域的な動きです。


(出典 https://twitter.com/siliconvalleycf)

2つ目は、悪いニュースです。

YouTubeにRippleCEOの成りすまし詐欺

残念ながらこんな世界の一大事に至っても詐欺は健在です。

リップルのCEOブラッド・ガーリンハウス氏を名乗るYouTube詐欺があることが、24日に報道されました。そのアカウントでは不正なクリプト・エアドロップが宣伝されています。

ガーリンハウス氏はTwitterで警告を発しています。


(出典 https://twitter.com/bgarlinghouse/status/1242924408919879680)

「もううんざりだ。こんな世界的な危機の時に、特に人々が傷つきやすい時に。
ソーシャルプラットフォーム(この場合はYouTubeの事を指している)は、嘘のプレゼントで無実の犠牲者からお金を盗む(クリプトであろうとなかろうと)詐欺師に責任をとらせる必要がある。」
と述べています。

この外出自粛時期に在宅でオンラインを利用する機会はぐっと増えていると思います。
仕事が減って困っている人を狙った美味しいお金儲けの話しはよく目にするようになっていますので、皆さんもお気を付けください。

参考サイト:
“https://cointelegraph.com/news/ripple-labs-donates-200k-to-combat-covid-19-pandemic”
“https://twitter.com/Ripple/status/1242918898640367616”

関連記事

この記事のタグ