Googleも仮想通貨の広告解禁か-フェイスブックに続くか

2018.07.31
グーグル解禁か

検索大手Googleは6月以降の仮想通貨を全面禁止していますが、SNS上で解禁の噂が広まっているようです。

レディットの投稿

噂は、アメリカのSNSであるレディットの利用者がGoogleで「bitcoin」とタイプして検索したところ、大手仮想通貨取引所のコインベースの広告が出てきたことに端を発します。

様々な人がこれを検証してみたところ、実際にコインベースの広告があちこちで見られているようです。

SNSジャイアントによる規制と解禁

Googleは6月に発表された金融商品に関するポリシー・ステイメントで、仮想通貨に関する広告の掲載を全面的に禁止するとしていました。これは仮想通貨の危険性に対する予防措置で、同様の措置はフェイスブックも1月にすでに行っていました。

しかし、フェイスブックは6月下旬にはICOなど一部を除いた仮想通貨関連広告の解禁を発表し、許可されたものから順次掲載可能となっています。

解禁の兆候なのか

Googleでの全面禁止に際しては、ポリシー発表の数日前から仮想通貨関連広告が激減してしていることに気づいたGoogle Adwordsの利用者がいましたが、これと同様に今回のコインベースの現象は解禁の兆しを表すのでしょうか。今後を見守りましょう。

参考サイト
https://jp.cointelegraph.com/news/total-market-cap-see-slight-decline-bitcoin-keeps-holding-its-position

Google brings back Coinbase ads! from Bitcoin


https://www.ethnews.com/coinbase-ads-are-back-on-google

この記事のタグ

関連記事

おすすめ記事