毎日更新!ビットコインはもちろん、仮想通貨のことがよくわかる情報サイト

ナノ/Nano(NANO) の価格・チャート・将来予測・特徴

Nano

ナノ/Nano(NANO) とは?

Nano(ナノ)とは、2018年1月にライブロックス(Raiblocks)がリブランディングされて生まれた仮想通貨。高速送金や手数料を抑えることを目的としている。ブロクッチェーン技術の代わりに有向非循環グラフ(DAG‒Directed Acyclic Graph)に基づいた技術を活用しているため、手数料が発生しない。またトランザクションのサイズを極めて小さくすることで、送金時の承認時間がRippleよりも早くなり得るうえに、ノードのランニングコストが発生しない、ブロックサイズの問題が発生しないといった点でも優れているため、リブランディング後に期待値が高まっている。しかしながら、取引所の管理不足が原因で2018年2月にイタリアの取引所BitGrailから200億円程度のNANO(NANO全体の13%)が流出するという事件があった。

ナノ/Nano(NANO) 価格/チャート



人気記事

新着記事