毎日更新!ビットコインはもちろん、仮想通貨のことがよくわかる情報サイト

ライデンネットワーク/Raiden Network Token(RDN) の価格・チャート・将来予測・特徴

Raiden Network Token

ライデンネットワーク/Raiden Network Token(RDN) とは?

Raiden Network (ライデンネットワーク)は、Etherumのスケーラビリティ問題を解決するためのオフチェーンである。オフチェーンで対応するトークンは、ERC20準拠のトークンである。Raiden Networkにより、取引速度が速くなり、手数料が安くなる。Raiden Networkの仕組みは、次のとおりである。ブロックチェーンの外にA点とB点からなるネットワークと、B点とC点からなるネットワークがあると仮定する。A点からC点にトークンを移す時は、最初にA点からB点にトークンを移し、次にB点からC点にトークンを移す。このように取引することにより、ブロックチェーン上で取引をする必要がなくなり、取引速度が速くなって、手数料が安くなる。この技術により、マイクロペイメントが可能になって、IoTの実用化が進む。しかし、問題点もあって、各中継点 (上述の例だとB点)にある程度トークンがないと取引が不可能となったり、取引の経路が適切でなく、遠回りとなってしまったりする可能性がある。

ライデンネットワーク/Raiden Network Token(RDN) 価格/チャート



人気記事