毎日更新!ビットコインはもちろん、仮想通貨のことがよくわかる情報サイト

True Chain

トゥルー・チェーン/True Chain(TRUE) の価格・チャート・将来予測・特徴


トゥルー・チェーン/True Chain(TRUE) とは?

TrueChain(トゥルーチェーン)はPOW*1のコンセンサス方式にPBFT*2のコンセンサス方式を取り組むことによってブロックチェーンの分散化を高めることを計るプロジェクトである。POWとPBFTの組み合わせによって高性能かつ安全性の高いこと以外、ノード数に上限がなく、さらにすべてのユーザーに無料での利用を可能にする。この組み合わせに基づき、TrueChain(TRUE)の技術的なフレームワークは3層に分けられる。第一にハイブリッドコンセンサスメカニズム層、第二にスマートコントラクト層、第三にコントラクトアブストラクション(抽象・抽出)層である。第一層は高性能と高い信頼性が大規模商用分散型アプリケーション(Dapp)のオペレーションを可能とする。第2層ではEVM(Ethereum Virtual Machine)のデザインアイデアを継承し、TVM(True Virtual Machine)をPBFT上にローンチされた。TVMはそれぞれのバックボーンノードに埋め込まれ、第2層は個々の要求によるリクエストの呼び出しを可能にする。第3層のコンストラクトアブストラクション層はビジネスの基本ロジックをアブストラクトスマートコントラクトの中に要約し、開発者による複雑なスマートコントラクトの開発プロセスをより単純化する。TRUEはこのフレームワークを活用し、保険・医療や公共の福祉、資産の証券化など幅広い分野で適用できるインフラストラクチャーを構築することを目指す。独自の通貨(TRUE)をトークンとして使用し、バリューストレージ、支払手段、バリュースケールなどの機能を実現することを予定する。 注釈:*1POWとは膨大な計算量を必要とする作業を成功させた人が取引の承認者となり、新たなブロックをブロックチェーンに繋ぐ権利を得られる仕組みである。*2PBFTとは一部の組織内のみで利用するブロックチェーン体系であるコンソーシアム型のブロックチェーンにおいて頻繁に用いられる合意形成アルゴリズムである。

人気記事

新着記事