毎日更新!ビットコインはもちろん、仮想通貨のことがよくわかる情報サイト

【仮想通貨投資】平均足の解説

2019.04.11
【仮想通貨投資】

<この記事(ページ)は 5分で読めます>

アヤ
今日は仮想通貨チャートの表示方法の種類についてレクチャーしていくわね!
今回は代表的なものである、ローソク足、平均足、デプスチャートのうちの『平均足』について解説していくわよ。
平太
僕は全然わからないから基本から説明してくれよアヤちゃん・・・
アヤ
大丈夫よ、私に任せて!
今回はローソク足との違いを比較しながら見ていくから、ローソク足について知らなければ先に下の記事を読んでおくといいわ。

https://cripcy.jp/ayahei-trading/cryptocurrency-candlesticks-2

アヤ
今回は「平均足」というチャートについて解説していくわね。
平太
ん、一見ローソク足と同じように僕には見えるんだけど・・・。
アヤ
平太さん絶対そう言うと思ったわ。

アヤ
始値よりも終値が高い場合は陽線、始値よりも終値が低い場合は陰線、
という点についてはローソク足チャートと共通している点ね。
高値、安値がヒゲの先端に表示される点も同じね。
平太
やっぱり似てる部分が多いのかー。
アヤ
平均足がローソク足チャートと決定的に違う点は、始値と終値の表示の仕方ね。
平均足の場合、始値は一本前の平均足の(始値+終値)÷2
終値は平均足の期間内の(高値+安値+始値+終値)÷4になっているの。
平太
へえ。平均足の仕組みは理解できたけど、どうしてそんな表示の仕方をする必要があるわけ?
期間内の始値と終値が一目で分かりにくいし。
アヤ
平均足は陰線と陽線が連続的に出る傾向にあるから、
平均足に比べて、トレンドの把握がシンプルで視覚的に分かりやすい、というメリットがあるわ。
トレンドの転換も分かりやすいわね。
平太
ふむふむ。
アヤ
でも平太さんの言う通り、平均足の場合、現在値が分からないし、値動きの細やかな変化も分かりにくいから、短期トレードには不向きね。
平均足を使う場合はやや長めの時間軸チャートで見るのがおすすめよ。

まとめ

平均足とは?

•平均足の場合、実態の底辺は『一本前の始値と終値』の平均値、上辺は『期間内の始値、終値、高値、安値』の平均になっている。

•平均足はトレンドの把握がシンプルで視覚的に分かりやすい。

•ひげが表しているものは『その期間にどれだけの振れ幅があったか』である。

関連記事

この記事のタグ