毎日更新!ビットコインはもちろん、仮想通貨のことがよくわかる情報サイト

Amazon、ブロックチェーンの新サービスを立ち上げ

2018.11.30
Amazon、ブロックチェーン活用の新サービスを立ち上げ

<この記事(ページ)は 3分で読めます>

Amazonは、拡張可能なブロックチェーンネットワークをブロックチェーンネットワークを簡単に構築し、管理できる”Amazon Managed Blockchain”を発表しました

”Amazon Managed Blockchain”とは?

Amazonによると、ユーザーはオープンソースのブロックチェーンであるHyperledger Fabricとイーサリアムのどちらかを使ってプラットフォームを構築することができます。
新しいプラットフォームは、多くのwebサイトやNetflixなどのプラットフォームにサービスを提供しているAmazonのクラウドコンピューティング子会社である、Amazon Web Serviceに新しい一面をもたらすとのことです。

サービスウェブサイトによると、Amazon Managed Blockchainは、ネットワークを作る際の付帯コストを大幅に削減でき、多くのトランザクションを行なっているアプリケーションの需要が合致しているかを自動的に計算することができるとのことです。

同社の発表によると、ブロックチェーンプラットフォームに、他のデータベースのプロダクトを保存することもできるとのことです。

「Amazon Managed Blockchainはブロックチェーンネットワーク上のアクティビティの変更不可能なコピーをAmazon Quantum Ledger Database (QLDB)に複製することができます。このデータベースは完全管理された分散型データベースです。これによってユーザーはネットワーク外で、アクティビティを簡単に分析することができ、情報やトレンドを取得することができます。」

QLDBはブロックチェーンプラットフォームではありません。
しかし、データの検証可能で完全な変更履歴を維持するために、Amazon’s blockchain product と併せて使うことが可能です。
このサービスは現在試作段階で、興味のあるユーザーがサインアップしています。

このサービスが承認されれば、他のAmazon Web Services のメンバーを招待したり、さらに自分のアカウントに同時に複数メンバーのネットワークを作ることも可能なブロックチェーンネットワークを構築できるようになるとのことです。

参考サイト:
”https://www.coindesk.com/amazon-announces-blockchain-builder-service”

関連記事

この記事のタグ

仮想通貨の投資には
やっぱり情報が大切
LINE@には仮想通貨投資に
役立つ情報がいっぱい

ようこそ
CRIPCY公式LINEアカウントへ

LINE@では今後の価格予想や、気になるICO銘柄、 最新の仮想通貨ニュースを随時配信しています。
PCよりこのページをご覧の方は
下記のQRコードよりLINE@にご登録ください。
※本サービスはLINEの使用(スマートフォン版のみ対応)が必須です。LINE@の解除はいつでも簡単に行っていただけますのでご安心ください。CRIPCY村通信という名前で追加されます。