音楽プラットフォーム「Artbit」ストリートパフォーマー収益化にブロックチェーン

2018.03.30
音楽プラットフォーム「Artbit」、ストリートパフォーマーの収益化にブロックチェーン活用

<この記事(ページ)は 2分で読めます>

ギターケースや帽子に投げ銭、次のライブの告知フライヤーをまく、そんな草の根の音楽活動にもブロックチェーン技術が生かされる世の中になりました。

Artbitとは、アマチュアのアーティストとファンとのかかわり、作品のマネタイズ(収益化)に革命を起こすためのコンサート主催プラットフォームです。

このプラットフォームは、スタートアップ企業「Hedera」のブロックチェーン(分散型台帳)を利用しています。

ミュージシャンのみならずダンサーなどストリートパフォーマー達が活動するにあたって、自分たちのコミュニティはもちろん、ファンとの交流、そして著作権を守りつつ仲介者を含まずに適正な収益を即座に受けられるようにすることが目的です。

このArtbitは、Hederaの共同設立者となっている、元ガンズ・アンド・ローゼズのドラマー・マットソロムが立ち上げたプラットフォームということでも注目されています。

ブロックチェーンを利用して新しい経済圏を作る試みは今後もあちらこちらで増えていくでしょう。

今まで市場経済の恩恵をあまり受けられなかったサービスや価値にスポットライトが当たることは素晴らしいことだと思います。

参考サイト:
https://www.forbes.com/sites/bryanrolli/2018/03/21/matt-sorum-artbit-interview/#500b16e6290e

関連記事

この記事のタグ

おすすめ記事