毎日更新!ビットコインはもちろん、仮想通貨のことがよくわかる情報サイト

中国の深セン市、テンセントと提携で初めて公式のデジタル領収書を発行

2018.08.14
中国の深セン市、テンセントと提携で初めて公式のデジタル領収書を発行

<この記事(ページ)は 2分で読めます>

中国の新セン市はテンセントとの提携で初めて公式のデジタル領収書が発行しました。
10億人のユーザーを持つチャットアプリ「we chat」を運営するテンセントと、新セン市税総局が共同で開発したインボイス向けプラットフォームエコシステムの初実装となります。
新システムは消費者、事業者、税務署の利用を想定して設計されているとのことです。

中国では、公式な領収書は「発票」と呼ばれ、課税商品とサービス購入の際に中国税務局から発行されます。
報道によると、この領収書は10日までに地元のレストランで発行されており、その他の地元のサービス業者もすでにシステムにアクセスが許可されているとしています。
消費者はテンセントのwe chatを通じて支払い発票を発行しますが、これは中国政務局によって検閲、管理が可能とのことです。

we chat経由でワンクリックで手続き完了

テンセントのジェネラルマネージャーのCai Yunge氏によると、新しいシステムは消費者と課税サービス間の摩擦のない手続きを可能にするということです。
従来の手続きでは、消費者が支払いを完了すると、事業者が領収書を発行、金融部門への提出、処理されるのを待つ必要がありました。
ブロックチェーン基盤の電子領収書発行により、消費者はこれら全ての段階をwe chatのアプリでワンクリックで完了することができ、リアルタイムで償還状況を確認することができます。

ブロックチェーンのシステム導入によりデータ記録システムの透明性と信頼性が保証され、虚偽報告や二重請求などの不正行為の軽減にも役立つとしています。

近い将来、日本でもブロックチェーンの活用により確定申告などの複雑な行政手続きが、便利で簡単に済ますことができるようになることも期待できそうですね。

参考サイト:
”https://cointelegraph.com/news/china-issues-first-tax-authority-approved-invoice-on-blockchain”

関連記事

この記事のタグ