ロシアのプーチン大統領が仮想通貨とブロックチェーン技術が今後重要になると明言

2018.03.14
ロシアのプーチン大統領が仮想通貨とブロックチェーン技術が今後重要になると明言

<この記事(ページ)は 2分で読めます>

ロシアの大統領ウラジーミル・プーチン氏は、

「ロシアにはブロックチェーンが必要であり、ブロックチェーンテクノロジ-の開発や発展に遅れをとってはならない」

と、主張しました。
国と各規制機関や地元銀行がブロックチェーンテクノロジーを採用する必要があるとしています。

石器時代の終焉は石が枯渇したからではない、新しい技術の登場がもたらしたのだ

技術の進歩は非常に速い。既にレースは始まっている。
このテクノロジーの主導権争いに遅れてはならない、と強い意志表明をしています。

積極的な姿勢の一方でプーチン大統領は、仮想通貨の価値の保存の機能に関しては懸念があるとし、投資家を守るための規制が必要であるとも懸念しています。

また、ロシア最大の銀行Sberbankの代表であるHerman Grefも、ブロックチェーンに対して積極的な姿勢を見せており、仮想通貨が国際金融システムにとって必要不可欠な存在になると主張しています。
今年1月末には、近い将来仮想通貨の取引プラットフォームをローンチするとまで発言しています。

ロシアの積極的な姿勢はブロックチェーンや仮想通貨の今後の発展に寄与すると思われます。

ロシアだけでなく、インドの首相も同様の積極姿勢を表明しています。
ブロックチェーンと仮想通貨マーケットの積極採用と規制の充実で一刻も早く我々の生活に取り込む必要がある、と世界の仮想通貨トレーダーや投資家などが楽観的な姿勢を見せています。

参考サイト:
https://www.ccn.com/vladimir-putin-says-russia-needs-blockchain-cannot-late-race/

関連記事

この記事のタグ

おすすめ記事