ビットコインはいつまでホールド?仮想通貨を知り尽くすCrypto.IQビジョナリー役員のアドバイス

2018.08.31
ビットコインはいつまでホールド?仮想通貨を知り尽くすCrypto.IQビジョナリー役員のアドバイス

<この記事(ページ)は 5分で読めます>

ビットコインの価格が大幅に下がって半年も過ぎ、また季節も変わろうとしている中、長くホールドしていませんか?あなたのビットコイン。いつになったら上がるんだろうと誰もが気にかけていることは言うまでもありません。

しかし、価格変動が激しいのがデメリットでもありメリットでもある仮想通貨市場。
下がったから、とがっかりして投資から遠ざからないでください。

と、励ましているのは、Crypto.IQのチーフ・ビジョナリー・オフィサーのCharlie Shrem氏。
仮想通貨を知り尽くす男として知られています。

仮想通貨業界の酸いも甘いも知るビットコイン支持者の知見

彼について知る人は、BitInstantというかつて存在したビットコイン交換所の共同設立者ということや、彼がマネーロンダリングの罪で逮捕されたことがあるのをご存知かもしれません。

しかし、彼は学生時代の2011年以来ビットコインに投資を始め、BitInstantを設立するに至り、ビジネスとして大成功を収めた実業家であることは事実です。

集団告訴されて2年の服役を終えてからもその有能なビジネスセンスをもってCript.IQを立ち上げたのです。
コインレポート、トレーダーへのダイレクトアクセス、価格アラートなど、仮想通貨取引に関する情報を提供する会社ということですので、仮想通貨の世界は熟知しているエキスパートです。

さらに、彼は、純粋なビットコイン支持者だと言います。
早い時期から、その技術の将来性に期待しており、銀行のない世界経済を発展させることができると唱えて来ました。

今月、彼はサンフランシスコで開かれたMoneyShowカンファレンスにスピーカーとして登場し、いくつかのアドバイスを述べました。

「コインの上位トップ10から20でどれか選んでみてください。そしてそれをよく調べて賭けてみるんです。どんな仮想通貨でも、買ったら5年は持っていてください。たとえば、今からこの分をロックして、このお金は5年間寝かしておくんです。5年後に頭を出す可能性が高いです。だって、たいていはこういう強気市場と弱気市場は2年サイクルで行くんですよ。」

仮想通貨市場はShrem氏がBitInstantを設立して以来劇的に変わりました。
今や、1600種以上のデジタル通貨があります。
よく知られたBTC、ETH、XRPからもっとニッチなものでは、マリファナで注目を浴びてしまったPotcoinやDogecoinまで。

「これらの1600種のコインはゲリラマーケティングをしているんですよ。というのも、それらはちょうど初期の仮想通貨がやっていた(マーケットの)舗装作業をしているんです。それが人々を魅了してるのです。つまり興味をそそられているのです。」

投資は節度をもってすること

Shrem氏は、仮想通貨取引はなるべく少額で取引するようアドバイスしています。
先の冬のように価格が高騰し、結局急降下して後退した仮想通貨に所持金のほとんどをつぎ込んでしまった投資家から学んだつらい教訓を避けるべきだと忠告しています。

価値が90%下がったり、100%上がったりするようなことがある仮想通貨に富をつぎ込んでいるのです。

「あなたは今いくら失っても大丈夫ですか?500ドルといったとしましょう。そしたら、仮想通貨に入れるのは500ドルにしておきましょう。それでそれを楽しむのです。ただ、観察して楽しむのです。ビットコイン、イーサリアム、ダッシュ、ライトコインなど仮想通貨にはいいものがあります。それらがどう違うのか、ただ観察するのです。」
と、仮想通貨の世界に入りたいという人に会うと彼はいつもそう言うそうです。

仮想通貨は必ずメインストリームになる

彼自身の人生の浮き沈みににも拘らず、かれは仮想通貨がメインストリームになることに強気の姿勢を崩していません。
昨年ずっと、仮想通貨の受け入れを拒絶したSECは、ビットコインETFの一連の提案を、価格操作されやすいと懸念して拒否したばかりです。
しかしShrem氏は、SECは来年には最終的にETFを認めるだろうと予測しています。
それは、デジタル通貨がもっと主流として採用され、受け入れられるようになる長い道のりになるだろうと。

「私はまた、人々がだまされないようなマーケットにしたいと思っているのです。チャンスは1回きりです。もしETFがあって、そこで何か起きて、私たち利用者がひどい目に遭ったら、ETFは閉ざされます。もう一度ETFが再開されるなんて難しいですよね。でも、ETFはまた始まります。私は2019年にきっとそうなると確信しています。」

まさに真のクリプト預言者のように語っていました。

彼は決して、ばくち打ちのような荒稼ぎの投資を勧めていません。
節度をもって自分が困らないような金額で投資して、価格変動に一喜一憂せず、5年くらいホールドして変化を楽しむということに尽きるようです。

参考サイト:
“https://finance.yahoo.com/news/bitcoin-advocate-charlie-shrem-heres-long-need-hold-crypto-make-money-111034297.html”
“https://en.wikipedia.org/wiki/Charlie_Shrem”

【こちらの記事もおすすめです】

SEC(米国証券取引委員会)、却下したビットコインETFを再調査へ

関連記事

この記事のタグ

おすすめ記事