毎日更新!ビットコインはもちろん、仮想通貨のことがよくわかる情報サイト

ビットコイン、ウィンクルボス(Winklevoss)のビットコインETF拒否から回復したことの重要性

2018.08.01
【5/1今週まとめ】

<この記事(ページ)は 3分で読めます>

7月27日、米国証券取引委員会(SEC)がウィンクルボス(Winklevoss)のビットコインETFを拒絶したことに伴い、ビットコインの価格は3時間で6%以上(約$8,300から約$7,800へ)下落しました。
この下落の後、12時間以内にビットコインの価格は$7,800から$8,250へと急激な速さで回復しました。

価格下落後の急速な回復はビットコインの技術が向上している証である

仮想通貨界で有名なトーマツ・リー氏(ファンドストラットの創設者)はこの急速な回復に対しての熱意をあらわにしました。

『ビットコインがこのような事態に直面しても、迅速に回復することができるようになっているということは仮想通貨市場(特にビットコイン市場)が成長した証拠である。もしもこのETF拒絶がビットコインの価格が不安定だった4〜6月頃に起きていたら、ビットコインの売払い額はもっと多く、価格下落はより激しいものになっただろう。今回のETF拒絶とその回復の過程から、ビットコインの技術が向上し、より安定したシステムに進化したことが確認できた。』

ビットコインETF拒否

 

7月22日以降、ビットコインの価格は$7,200から$8,300ドルに上昇し、7月25日には$8,500に達しました。
8日間で15%以上上昇しており、7月27日の下落期間を除いては5日連続で$8,200の域に達していたことになります。

承認される可能性が最も高いとされる2つのビットコインETFの中にウィンクルボス(Winklevoss)のビットコインETFは含まれておらず、逆にVanEck-SolidXパートナーシップとシカゴ・ボード・オプション取引書(CBOE)によって提出されたETFが含まれていました。

仮想通貨研究者たちが言うには、CBOEとVanEckは両方とも4年に渡る金融規制に密接に関わってきており、アメリカのストックマーケットにおけるETF管理の豊富な経験がETFの承認を得るために大きなチャンスに繋がると説明しています。

参考サイト:
“https://www.ccn.com/tom-lee-bitcoin-price-recovering-from-winklevoss-etf-rejection-is-positive-sign/”

関連記事

この記事のタグ