毎日更新!ビットコインはもちろん、仮想通貨のことがよくわかる情報サイト

State Street、仮想通貨のカストディサービスに関心示すも顧客の需要拡大待ち

2018.12.07
ステートストリート、仮想通貨のカストディサービスに関心示すも顧客の需要拡大待ち

<この記事(ページ)は 3分で読めます>

ニューヨークで開かれたAmerican Banker BlockFSで、State Streetのデジタル資産マネージングディレクターのJay Biancamano氏は、仮想通貨について”高いレベルの関心”があるとしたうえで、”顧客の仮想通貨資産の保管に対する需要が高まらなければ、現時点では急ぐ必要はない”と述べました。

相次ぐ大手金融機関のカストディサービス参入

Fidelity Investmentsなどの大手金融機関は最近、仮想通貨を現職有力議員や仮想通貨ネイティブ企業などの間で、熱烈なトレンドの先駆けが起きている資産クラスとして取り上げています。
CoinbaseやBitGoもAmerican Banker BlockFSの参加企業で、カストディアンサービスの正式なライセンスを獲得しました。
また、伝統的なカストディアン業界では、Northern Trustや日本の野村証券などが仮想通貨のカストディアンソリューションに乗り出していることが伝えられています。

State Streetは現状は注意深く観察

Biancamano氏は次のように述べています。
「我々は、クライアントの資産行動に従う。我々は仮想通貨に興味を持っているクライアントとはよく話し合い、仮想通貨のカストディアンサービスについても注意深く観察している。しかし、まだサービスを開始するまでには至らない。我々はブロックチェーンに対して寛容な企業であるし、その流れにも乗っている。」

法規制がどのように仮想通貨のカストディソリューションに、適用されるのかについては、Biancamano氏は、SECは伝統的な金融機関が現状理解を深めることに貢献しているとし”リフレッシュさせている”と表現しました。
近い将来に起こりうるState Street のカストディアンビジネスについては、”現在の仮想通貨だけの問題ではなく、伝統的資産クラスのトークン化やデジタル化についても含まれる”
と示唆しています。

State Street は、仮想通貨カストディアンサービスに大きな関心を示しつつも、慎重な姿勢を維持しています。
世界の大手金融機関が仮想通貨のカストディアンサービスに対して様々な考えを持ちつつも、近い将来にメインのビジネスの1つとして普及することを確信している点では、一致しているように思われます。

参考サイト:
”https://www.coindesk.com/crypto-custody-state-street-is-waiting-on-a-client-shift-exec-says”

関連記事

この記事のタグ

おすすめ記事