毎日更新!ビットコインはもちろん、仮想通貨のことがよくわかる情報サイト

コインセンターがセキュリティ確立のために仮想通貨のフレームワークを強化

2018.08.15
law enacting

<この記事(ページ)は 2分で読めます>

仮想通貨セキュリティに関する法律制定への声も

ブロックチェーンの権利擁護団体コインセンターは、いくつかの仮想通貨市場のセキュリティは法律によって守られるべきだと主張し続けており、様々な規制を作ることを要求している。

この組織の調査責任者であるペーター・バン・バーケンバーグ氏は、先週金曜日に一部仮想通貨は投資契約の役割を果たす有価証券のようなものとして扱われるべきだという内容をまとめたレポートを発表した。

このレポートは2016年版に公表されたレポートを更新したもので、Howey Testのセキュリティに基づいたセキュリティの枠組みにどの仮想通貨を当てはめるかを提示した。

当団体はそれぞれの仮想通貨の『分布』、『分散化』、『機能性』を検証し、どれが枠組みに当てはめるのにふさわしいかを調査している段階だと言う。具体的には、トークンが最初にどのように分配されているか、そのネットワークがどのように分散化されているか、セキュリティ面に問題はないかなどを見て判断される

ペーター・バン・バーケンバーグ氏曰く

『我々はより大きく、より分散化された仮想通貨(e.g ビットコインやイーサリアム)ほどこのセキュリティの枠組みにはフィットしにくいことを発見した。一方で、比較的最近生まれた仮想通貨やマイナーなコインのうちのいくつかは、高い確率でこの枠組みに当てはまることを見出した。』

次の新しい調査ではICOについてより綿密な検査が行われることが期待されている。

バン氏は、大部分のネットワークはユーザーが親ネットワーク上のさらに別のトークンを作成するように設計されていると述べ、エアドロップとERC-20トークンの増加を指摘している。

彼は以前のバージョンと同様に、新たな革新に伴うリスクの種類とその回避法について投資家達に説明している。

参考サイト
“https://www.coindesk.com/coin-center-updates-its-securities-framework-for-cryptocurrencies/”

関連記事

この記事のタグ

仮想通貨の投資には
やっぱり情報が大切
LINE@には仮想通貨投資に
役立つ情報がいっぱい

ようこそ
CRIPCY公式LINEアカウントへ

LINE@では今後の価格予想や、気になるICO銘柄、 最新の仮想通貨ニュースを随時配信しています。
PCよりこのページをご覧の方は
下記のQRコードよりLINE@にご登録ください。
※本サービスはLINEの使用(スマートフォン版のみ対応)が必須です。LINE@の解除はいつでも簡単に行っていただけますのでご安心ください。CRIPCY村通信という名前で追加されます。