毎日更新!ビットコインはもちろん、仮想通貨のことがよくわかる情報サイト

ベネズエラ、インドに対して『ある条件付き』で原油価格30%オフを提案

2018.05.08
ベネズエラ、インドに対して『ある条件付き』で原油価格30%オフを提案

<この記事(ページ)は 3分で読めます>

昨年よりペトロ(Petro)という独自の仮想通貨で物議をかもしているベネズエラにまた動きがありました。

今回はインドに対して、Petro(ペトロ)で支払うことを条件に原油を30%割引で販売すると提案したとのことです。

「ベネズエラの原油なら仮想通貨Petro(ペトロ)での決済がおトク!」

「原油」は英語ではpetro(ペトロ)というので仮想通貨の名前もペトロで少々ややこしいですが、要は、量販店、スーパーやネットショップサイトなどの独自クレジットカードの顧客獲得の手法と似ていると思います。

情報によれば、ベネズエラのブロックチェーン専門家チームは先月、デリーに拠点を置くビットコイン取引所Coinsecureと取引を行う為、インドに出向いたということです。

ベネズエラとしては、Coinsecureでペトロをビットコインやルピーと取引可能にしたいところ、それが狙いだろうとCoinsecure CEOは分析します。

また、CoinsecureのCEOは、

「ベネズエラは今後、様々な国に取引の提案をしていくだろう。インド政府に対しては、ペトロ(Petro)で支払うことを条件に、原油を30%割引で販売するという提案であったのだ。」

と述べています。

大体的に宣伝をした後は、世界一の埋蔵量を誇る原油を武器にペトロ普及へ乗り出したベネズエラ。

各国の対応も気になるところですが、これによりペトロがどこまで普及するのかについても注目したいところです。

いわゆる「官製仮想通貨」の中では大きな存在感を持つペトロ、今後の行方を見守りましょう。

ちなみに、日本は原油の多くをサウジアラビア・中東から輸入しています。
ベネズエラから多く輸入していたら、日本も交渉相手になっていたのでしょうか。

参考サイト:
https://www.ccn.com/venezuela-offers-india-30-oil-discount-on-petro-purchases/
https://www.indiatimes.com/news/venezuela-offers-india-crude-oil-on-30-discount-only-if-it-agrees-to-pay-in-cryptocurrency-344424.html

http://www.meti.go.jp/statistics/tyo/sekiyuso/result.html

【こちらの記事もおすすめです】

べネズエラの仮想通貨Petro発表

関連記事

この記事のタグ