毎日更新!ビットコインはもちろん、仮想通貨のことがよくわかる情報サイト

ステーブルコインEURSのStasis、監査実施で100%の信頼性を強調。

2018.12.13
ステーブルコインEURSのStasis、監査実施で100%の信頼性を強調。

<この記事(ページ)は 3分で読めます>

マルタに拠点を置くステーブルコインEURSを発行するスタートアップStasisが、監査法人BDOMaltaを起用し、ユーロに紐づけられたEURSトークンの四半期と年間の財務状況の監査を行うことを明らかにしました。

ステーブルコインに対する世間の不信感を払拭できるか

これにより、ユーロに1対1で紐づけられているEURSに対する疑いや不信感を払拭したい意図があるとみられます。

世間の疑惑の目が注がれたTetherに扇動され、多くの仮想通貨投資家やトレーダーはステーブルコインの発行企業がこのような宣言をしたことに警戒の色を隠せないようです。

Tetherは同社が、トークンと同価値のUSドルを保有していないのではとの疑惑が広く蔓延し、今年10月に、USドルと等しいとされてきたその価値を失いました。

1年以上前に、Tetherは再三にわたって十分な法定通貨の保有額があるかを確認するため定期的な監査を行うことを繰り返し宣言してきましたが、いまだに実施されていません。

有能な監査法人の検証結果公表が主流になりつつある

Tetherは今年1月に、監査法人であるFriedman LLPとの連携を発表しました。
Friedman LLPは、法律事務所と系列の銀行が作成した書類をもって、Tetherに十分な保有資産があることの証明としました。

StasisのCFO Vyacheslav Kim氏は次のように述べました。
「最近のステーブルコインに最も大事なことは、コンプライアンスと透明性である。
一流の監査事法人による、マルタの法律に基づいたEURSの規制されたコンプライアンスの検証結果を提供することで、我々は欧州の投資家にEURSの卓越した価値を提供する。」

BDOMaltaは、160カ国を超えるインターナショナル監査法人ネットワークのメンバーであり、週ごとのEURSと法定通貨との連動性の監査結果を提供するとしています。

ステーブルコインの発行件数の増加による過密化により、競争が激化しています。
多くのプロバイダーは、有能な監査法人との連携を公表して懐疑的な市場のイメージを払拭したい考えがあるとみられます。

ここ数ヶ月以内にも、USドルに紐づくUSDCを発行するCircleが、大手監査法人Grant Thornton LLPの監査により、ドルと等価値があるとの証明書を公表しました。
また、同じくUSドルと連動するGemini Dollarを発行するGaminiやPaxosも監査結果の証明書を公表しています。

Tetherの疑惑騒動のため、ステーブルコインの発行者らは信頼のある監査法人による証明で自社の透明性を強調し、ステーブルルコインの不振なイメージを払拭することに必死なようです。

参考サイト:
”https://www.coindesk.com/stablecoin-issuer-stasis-promises-full-audits-of-euro-backed-crypto-token”

関連記事

この記事のタグ

仮想通貨の投資には
やっぱり情報が大切
LINE@には仮想通貨投資に
役立つ情報がいっぱい

ようこそ
CRIPCY公式LINEアカウントへ

LINE@では今後の価格予想や、気になるICO銘柄、 最新の仮想通貨ニュースを随時配信しています。
PCよりこのページをご覧の方は
下記のQRコードよりLINE@にご登録ください。
※本サービスはLINEの使用(スマートフォン版のみ対応)が必須です。LINE@の解除はいつでも簡単に行っていただけますのでご安心ください。CRIPCY村通信という名前で追加されます。