毎日更新!ビットコインはもちろん、仮想通貨のことがよくわかる情報サイト

ウィンクルボス兄弟のジェミニがUSドル連動のステイブルコインをローンチ

2018.09.15
ウィンクルボス兄弟のジェミニがUSドル連動のステイブルコインをローンチ

<この記事(ページ)は 2分で読めます>

アメリカ起業家のウィンクルボス兄弟が運営する仮想通貨取引所ジェミニが、USドルと1対1の比率で連動する独自のステーブルコインの発行はニューヨーク州の規制当局より承認されたとのことです。

NYDFSが承認したジェミニドル

このステーブルコインは「ジェミニドル」と呼ばれており、ニューヨーク州金融サービス局(NYDFS)が認可しました。
セーフガードとして、ジェミニはステーブルコインを裏付けするUSドルをステート・ストリート銀行に保有し、一定の額までは、連邦保険預金公社(FDIC)の保険預金プログラムによる承認を通すことで保障しています。
独立監査法人BPMAccounting and ConsultingがUSドルの残高が十分であるかを毎月監査するとのことことです。

ウィンクルボス兄弟の目指す未来のお金のかたち

ウィンクルボス兄弟は次のように述べています。
「ジェミニドルの発行は、伝統的なバンキングシステムと仮想通貨経済のギャップを埋め、未来のお金のかたちを作るための、我々のミッションの一つである。」

ジェミニにの顧客は10:00から14:00まで、USドルをGeminiドルに換えたりイーサリアムアドレスで預金することができます。
また、ジェミニドルをUSドルに換え、ジェミニアカウントに戻す際も同様です。
ジェミニのニュースと同様に、ブロックチェーンスタートアップのPaxosもUSドルに裏付けされたステーブルコインの発行を開始しました。

ステーブルコインでは、テザー(USDT)が有名ですが、本当に1ドルと裏付けできる現金を保有しているのかと疑問視され、議論を巻き起こしました。
今回のジェミニドルは、NYDFSの承認を取得し監査体制も万全とのこと。
今後に期待が寄せられます。

参考サイト:
“https://www.coindesk.com/gemini-launches-nydfs-regulated-crypto-pegged-to-the-dollar/”

関連記事

この記事のタグ

おすすめ記事