毎日更新!ビットコインはもちろん、仮想通貨のことがよくわかる情報サイト

0x(ZRX)、コインベースへの上場で30%上昇

2018.10.24
仮想通貨0x(ZRX)、コインベースへの上場で30%上昇

<この記事(ページ)は 3分で読めます>

0xプロトコルとして知られるアルトコイン0x(ゼロエックス:ZRX)が世界最大の仮想通貨取引所コインベースへ上場の後、数分間で30%上昇しました。
oxは、イーサリアムのブロックチェーン 上で発行されているトークン同士を手数料がほぼ無料で交換するための仮想通貨です。
コインベースによると、ユーザーはBitcoin,、Bitcoin Cash、Ethereum、 Ethereum Classic、Litecoinと同じように売買や受け取り、保管ができるとのことですが、英国とニューヨーク州の住民の顧客は初期の段階では利用できないとのことです。
ZRX価格は1日で30%以上も上昇しました。 

0x上昇

新たな仮想通貨上場には時間がかかる

コインベースの0x(ZRX)上場はジェミニの時と同様にコンプライアンスやセキュリティに関して注目を集めましたが、米国証券取引委員会などの地元当局の承認を得たことで、新しいトークンの追加は既存の金融規制にとってリスクと判断されないことが実証されました。

コインベースにとって、新たなトークンの上場までのプロセスでの失敗や、過激な行動は米国証券取引委員会との決裂を招きかねない状況でした。
そのため、7月に5つの仮想通貨の上場を最初に公表してから、そのうちの1種類の仮想通貨の上場に実に3ヶ月以上の時間を費やしたのです。
コインベースの開発チームは、7月の発表で、上場する可能性があるとした仮想通貨は0xの他にCardano (ADA)、Stellar (XLM),、Brave Attention Token (BAT)、Zcash (ZEC)ですが、まだ上場の保証はないとしています。
開発チームは次のように述べています。
「現在取り掛かっているイーサリアムクラシックを上場させるプロセスとは全く異なり、これらのデジタル資産の上場にはさらなる研究が必要とされるため、まだ道筋はついていない。もしかすると、自社ウォレットでの送金・受け取りサービスなしで売買取引サービスのみの提供になるかもしれない。」

コインベースに続き、新たなトークンの上場につながるか

コインベースでのZRX上場は他の取引所も数ヶ月以内に取り扱いを始める可能性につながるため、当局はZRXの取引を承認しデジタル資産として認めたとされています。
これまで、米国の市場に上場していないマイナーな法定通貨連動コインは、規制の不確実性のためにトークンとして認識されてきませんでした。

しかし将来を見通した今回のコインベースのアプローチにより、今後より多くのデジタル資産が米国の取引所に上場するきっかけとなるかもしれません。

参考サイト:
”https://www.ccn.com/0x-surges-30-after-coinbase-listing-which-crypto-is-next/”
”https://jp.tradingview.com/symbols/ZRXUSD/”

関連記事

この記事のタグ