毎日更新!ビットコインはもちろん、仮想通貨のことがよくわかる情報サイト

SBIが仮想通貨交換業サービスを開始

2018.06.04

<この記事(ページ)は 2分で読めます>

SBIホールディングス株式会社が仮想通貨交換業のサービスを6月4日に開始しました。

先行予約済みの顧客からサービスを提供

SBIホールディングス株式会社の100%子会社で、仮想通貨の交換、取引サービスを提供するSBIバーチャル・カレンシーズ株式会社が、6月4日(月)より仮想通貨の現物取引サービス「VCTRADE」の提供を開始しました。

サービスはまず2017年10月に先行予約を行っていた顧客に対して行われ、そのほかの一般の人には2018年7月頃から随時登録の受付を行う予定です。

XRPの取扱いから開始し、BTC・BCHへ拡大

サービスではまずXRPを取扱い、順次BTC、BCHに取扱い通貨を広げていくとしています。

また、業界最低水準のスプレッドやナスダックのシステムを利用した世界最高水準の低遅延の取引環境の提供を宣言しています。

国内市場の競争率上昇・スプレッド水準の低下等が期待される

SBIホールディングスのような大手企業が仮想通貨交換業に参入することでより仮想通貨取引に参加する人が増加することが予想されます。

また、SBIによって業界最低水準のスプレッドが実行されることでほかの取引所のスプレッドの水準も下がり、(取引所の競争率も上がり)より利用者にとって取引しやすい環境が整えられると考えられます。

参考サイト:

http://www.sbigroup.co.jp/news/2018/0604_11105.html
http://www.sbigroup.co.jp/news/pdf/2018/0604_a.pdf

 

関連記事

この記事のタグ