毎日更新!ビットコインはもちろん、仮想通貨のことがよくわかる情報サイト

SBIバーチャル・カレンシーズがビットコインキャッシュ (BCH) の取り扱いを開始

2018.06.15
SBIバーチャル・カレンシーズがビットコインキャッシュ (BHC) の取り扱いを開始

<この記事(ページ)は 2分で読めます>

先日正式に、仮想通貨現物取引サービス(VCTRADE)を開始したばかりのSBIバーチャル・カレンシーズが、ビットコインキャッシュ(BCH) の取り扱いを追加しました。

通貨ペアはBCH/JPYで、先のリップルとのXRP/JPYペアに続き2つ目のペアとなります。

ビットコインの取り扱いまではもうしばらくかかるということで、ビットコインキャッシュの取り扱いを先に始めたのは少々意外にも感じられます。

「BCHは決済に、XRPは送金に」SBIの独自路線?

SBIホールディングスの社長の北尾吉孝氏は、

「ビットコインキャッシュに力を入れたい。ビットコインキャッシュは決済通貨として、リップルは送金通貨としていけると思う。」

と発言していたことから、リップルとビットコインキャッシュに特化した独自路線の取引所を目指している可能性があります。

SBIは日本の仮想通貨取引所としては後発ですから、大抵はビットコインから取り扱ってきた先発の取引所と差別化を図るための戦略であるかもしれません。

参考サイト:
https://bitcoin-newstart.com/sbi-bch-bitcoincash
https://www.sbivc.co.jp/topics/#180608_01

【こちらの記事もおすすめです】

ビットコインキャッシュ(BCH)どこまで上がる?著名人の予測を徹底紹介

SBIが仮想通貨交換業サービスを開始

SBIホールディングスが2018年夏に仮想通貨の交換を開始

関連記事

この記事のタグ