毎日更新!ビットコインはもちろん、仮想通貨のことがよくわかる情報サイト

マルチシグ(マルチシグネチャ)

通常のビットコイン送金では、署名が1つあれば送金することができる(シングルシグと呼ぶ)。しかし、マルチシグでは送金するときに複数の署名が必要になる。最もよく使われているのは2 of 3という形で、3つの秘密鍵のうち2つが揃えば送金することができるというもの。秘密鍵が1つ漏洩しても、もう1つの秘密鍵がわからなければビットコインを送金することはできないため、ウォレットのセキュリティをより高めることができる。ウォレットがシングルシグとマルチシグのどちらを使っているか見分ける方法がある。1から始まるものはシングルシグアドレス、3から始まるものはマルチシグアドレスである。