毎日更新!ビットコインはもちろん、仮想通貨のことがよくわかる情報サイト

SegWit

Segregated Witness(署名の分離)の略。ビットコインのブロックサイズ問題に際して、ブロックの中に含まれる情報の中に署名の情報をカウントしないという決まりにすることで、1ブロックに含まれるトランザクションの容量を引き上げようという試み。現在、1ブロックの上限は1MBだが、SegWitを実装すると理論的には4MBまで容量が引き上げられる。しかし、実際のブロックサイズは平均1.7MB程度になるだろうと予想されている。