【ICO情報】Delicia(デリシア):食料廃棄問題へ挑むICO

2018.08.17
デリシアICO

<この記事(ページ)は 3分で読めます>

DeliciaというICOを、皆さんはご存知でしょうか?

昨今世界中で深刻な問題となっている食糧廃棄に対してICOを通じて解決を図ろうと取り組むのが、今回紹介するDeliciaです。

世界の深刻な食糧廃棄の現実

皆さんは世界で食料が年間13億トンも廃棄されている現実を知っていますか。

これがどれ程の量かというと、世界で生産される食糧のおよそ3分の1にも及びます。

世界には、約79,500万人も十分に食糧を得られていない人々がいるのに、私たちはこんなに無駄にしてしまっているのです。

日本ではどれぐらいの食べられる食糧が捨てられてしまっているのでしょう。

その量年間約632万トンで、これは世界全体の食糧援助量の約2倍の量に相当します。

残念ながら日本は以外にも食料廃棄大国なのです。

そんな世界の深刻な食糧破棄問題に挑むのが今回紹介するICO Deliciaです。

    デリシア1

Deliciaとは

Deliciaは分散型ネットワークによってレストランや食料品店をユーザーと繋ぐことで食糧の有効活用を進め、廃棄を減らすことを目指します。

デリシア2

Deliciaの仕組み

 1.売り手はDeliciaで在庫にあまった、もしくは廃棄となる食糧を登録します。

2.買い手はその登録の通知を受け取ります。これによって近くのレストランや食料店の余剰食品がリアルタイムで分かります。なお通知される食品の種類は買い手の好みが優先されます。

3. 買い手はDFTトークンによって食糧の支払いを行います。

4. 買い手が売り手の食糧を受け取ります。

5. 買い手が売り手を評価します。

デリシア3

まとめ

現在までに、様々な食糧問題解決の施策がなされてきましたが、飲食店などから生まれる余剰食品については未だに課題が多いのが現状です。

今回紹介したDeliciaはこのような深刻な食糧破棄問題を解決するという意味で将来性があると言えますね。

[Delicia] 公式サイト:
Delicia:
https://delicia.io

※当記事は、ICOの情報を提供することを目的としており、投資勧誘を目的としたものではありません。
※仮想通貨(暗号通貨)の投資は価格変動のリスクを伴いますので、損失を被る場合があります。
※仮想通貨(暗号通貨)の投資にかかる最終決定はご自身の判断でなさるようお願いいたします。

関連記事

この記事のタグ

おすすめ記事