毎日更新!ビットコインはもちろん、仮想通貨のことがよくわかる情報サイト

Amazonブランド商品の顧客満足度調査で、購入したい製品に仮想通貨がランクイン

2019.02.09
Amazonブランド商品の顧客満足度調査で、購入したい製品に仮想通貨がランクイン

<この記事(ページ)は 3分で読めます>

インターネットショッピング大手のAmazonの顧客は、仮想通貨を含めた多種多様な商品を購入したいと考えているようです。

経済サイトinvesting.comは、Amazonの顧客1000人に対して、注文の頻度やAmazonへの信頼度を調査しました。
その結果、消費者がどのような商品をAmazon ブランドで買うことに満足度を感じているかがわかりました。

仮想通貨をAmazonで買いたいと思う人は12.7%

Amazonブランドで買いたいと思う商品の種類を問う調査では、回答者の12.7%が仮想通貨と答えたとのことです。
その他に上がったものは、医療用マリファナを含む商品は13.5%、処方薬が9.3%、コンピューターが72.9%、クーポンやお買い得商品が10.6%、ヘルスケアが15.3%でした。
消費者はより多くの選択肢を許容しているということがわかりました。

若い世代ほどAmazonに依存

この調査ではさらに、ほぼ3人に1人の回答者がAmazonで毎月買い物をしていることが明らかになりました。
また、43%の調査参加者がもはやショッピングモールでは買い物をしないと答えたということです。
年齢別に見ると、ベビーブーマー世代(1946年-1964年)はひと月に102.14ドル、ジェネレーションX世代(1965年-1980年)は、118.78ドル、ミレニアル世代(1981年-2000年頃)は123.49ドルをAmazonで消費しているとのことでした。

今週、バイナンスのCEOであるChangpeng Zhao氏は、Amazonは独自のコインを発行することを避けては通れないだろうと強調しました。
「インターネット基盤のビジネスにおいて、仮想通貨での決済を受け入れない理由が理解し難い。従来の決済システムよりもはるかに簡単で安く、早い決済方法である。ペーパーレスにも貢献できるし、購買層の幅や地域も限定されない。」

2018年11月に、Amazonは2つの新しいブロックチェーンサービスを発表しました。
Amazon Quantum Ledger Database(AQLD)とAmazon Managed Blockchainです。

Amazonのユーザーは、多様な選択肢を好み、年齢が若いほどAmazonへの信頼度や購買機会も多くなっていることがわかりました。
また、一部のユーザーは、仮想通貨に対しても寛容なようです。

今後さらに仮想通貨やブロックチェーンをベースとしてより消費者の生活に浸透するビジネスを展開していくことが期待されます。

参考サイト:
”https://cointelegraph.com/news/survey-of-customer-comfort-with-amazon-branded-products-includes-crypto”

関連記事

この記事のタグ

仮想通貨の投資には
やっぱり情報が大切
LINE@には仮想通貨投資に
役立つ情報がいっぱい

ようこそ
CRIPCY公式LINEアカウントへ

LINE@では今後の価格予想や、気になるICO銘柄、 最新の仮想通貨ニュースを随時配信しています。
PCよりこのページをご覧の方は
下記のQRコードよりLINE@にご登録ください。
※本サービスはLINEの使用(スマートフォン版のみ対応)が必須です。LINE@の解除はいつでも簡単に行っていただけますのでご安心ください。CRIPCY村通信という名前で追加されます。