毎日更新!ビットコインはもちろん、仮想通貨のことがよくわかる情報サイト

バイナンス 南アメリカランドのサポート開始 

2020.03.16
バイナンス 南アメリカランドのサポート開始 ブロックチェーン教育に100万ドルを寄付

<この記事(ページ)は 3分で読めます>

バイナンスのCEOであるCZ氏が、南アフリカの法定通貨であるランド(ZAR)の入金をサポートすることを発表しました。
この発表は、今週ヨハネスブルグで開催されたブロックチェーンアフリカ会議で明らかにされました。

CZ氏は、発表の中で南アフリカの投資家はバイナンスのウェブサイトのプラットフォームを通じてまもなくランドの入金が可能になると強調しました。

「アフリカは仮想通貨の最大の需要国であり、手段としての仮想通貨や他の経済サービスへのアクセスの有益なユースケースを実証する良い例となる。世界銀行によると、サハラ砂漠以南の地域のアフリカ人の66%は銀行口座を持っていません。銀行口座を持っていない人に銀行口座を持たせる代わりに、ビットコインを持っていない人にビットコインの口座を開設させよう。」

南アフリカが持つ将来性

CZ氏によると、南アフリカはバイナンスがサービス展開を計画してきた最も大きな国の一つであるとのことです。

「南アフリカは特に、仮想通貨の普及が継続的に増加しており、仮想通貨の所有者で見ると上位5か国以内に入ります。
今日、バイナンスが南アフリカの法定通貨と仮想通貨のゲートウェイをまもなく立ち上げることを宣言できることにとても興奮している。これにより南アフリカの人々は、国内の銀行口座で仮想通貨を購入することが可能になります。」

バイナンス南アフリカのマネージャーであるTanya Knowles氏は、水曜日の基調講演で同社の今後の予定について詳しく述べました。
Knowles氏は、南アフリカの人々の多くは現在の情報の自由と革新的な動きを楽しんでいるとする一方で、彼らにはお金の自由が欠落していると指摘しました。

南アフリカでは、まもなくランドの入金が可能になり、バイナンスエコシステム全体でランドの相互取引が可能になります。
ユーザーが最初にアクセスできるペアはBTC/ZAR、BNB/ZAR、USDT/ZAR、BUSD/ZARとのことです。

ブロックチェーン教育の支援

Knowles氏は、バイナンスのチャリティ基金が南アフリカのブロックチェーン教育の発展と成長の支援のために100万ドルを寄付することを発表しました。

この組織は、南アフリカにおいてブロックチェーン分野を発展させるために効果的な教育プログラムを提供することのできる国内企業のパートナーをこれから探すとしています。

参考サイト:
”https://cointelegraph.com/news/binance-to-launch-fiat-support-in-south-africa-donate-1m-to-blockchain-education?_ga=2.238828672.1253542815.1584315935-1273354871.1581295448”

[/su_accordion]

関連記事

この記事のタグ