毎日更新!ビットコインはもちろん、仮想通貨のことがよくわかる情報サイト

テザー社にビットフィネックスへの融資停止命令

2019.05.17
テザー社にビットフィネックスへの融資停止命令

<この記事(ページ)は 3分で読めます>

ニューヨーク州の最高裁判所がステーブルコインUSDTを発行するテザーに対して通常業務以外での融資などの資金供給の停止を命令しました。

ビットフィネックスの巨額資金の損失を補填するためにテザーの準備金を融資として使っているとしてニューヨーク州の司法長から追起訴されていました。

ニューヨーク州の最高裁判所判事は、通常の業務以外でテザーが自社の米ドル準備金を使ってビットフィネックスやその他の関係機関に対して融資や資金供給をすることを禁止すると命じました。

また、テザーに対してビットフィネックスへのローン提供などに関する文書の提出も求めたとのことです。

米ドルに裏付けられているのは4分の3のみ

テザーはこれまで、米ドルと1対1で連動すると主張をしてきましたが、先月30日に、テザーの弁護士が、米ドルで裏付けられているのはテザー(USDT)の4分の3に過ぎないと認めたとのことです。

パートナー企業の損失補填にテザー7億ドルを使用

先月26日にはニューヨーク州の司法長官が、ビットフィネックスは顧客の資金と自社の資金を区別することなく保管していたことや、提携先でパナマに拠点を置く決済サービス企業Crypto Capitalに関連する損失を補填するために7億ドルのテザーを使っていたことにより追訴しています。

これに対してビットフィネックスは、激しく反発しています。

「我々はニューヨーク司法長官のいかなる行動に対しても断固として対抗する。我々はこの無意味は主張から我々の顧客、ビジネス、そしてコミュニティを守ることに尽力する。」

参考サイト:
”https://www.coindesk.com/tether-ordered-to-freeze-transfers-to-bitfinex-by-new-york-supreme-court”
”https://www.coindesk.com/judge-asks-nyag-to-narrow-scope-of-amorphous-bitfinex-document-request”

関連記事

この記事のタグ

仮想通貨の投資には
やっぱり情報が大切
LINE@には仮想通貨投資に
役立つ情報がいっぱい

ようこそ
CRIPCY公式LINEアカウントへ

LINE@では今後の価格予想や、気になるICO銘柄、 最新の仮想通貨ニュースを随時配信しています。
PCよりこのページをご覧の方は
下記のQRコードよりLINE@にご登録ください。
※本サービスはLINEの使用(スマートフォン版のみ対応)が必須です。LINE@の解除はいつでも簡単に行っていただけますのでご安心ください。CRIPCY村通信という名前で追加されます。