毎日更新!ビットコインはもちろん、仮想通貨のことがよくわかる情報サイト

ディーカレットが仮想通貨の電子マネーチャージサービスを開始

2019.08.22
ディーカレットが仮想通貨の電子マネーチャージサービスを開始

<この記事(ページ)は 3分で読めます>

仮想通貨取引所を運営するディーカレットは8月21日から、仮想通貨の電子マネーチャージのサービスを開始しました。

立ち上げ当初から、取引以外の仮想通貨サービスの展開を掲げていたディーカレットの第一弾の発表となります。

アプリ上で仮想通貨から簡単チャージ

ディーカレットのアプリから、対象ブランド(au WALLET 、楽天Edy、nanacoギフト)を選びチャージ額を入力するだけで保有する仮想通貨を電子マネーにチャージすることができます。

また、複数の仮想通貨を組み合わせてチャージすることも可能とのことです。
対象ブランドは今後も拡大を図っていく予定であるといいます。

チャージのプロセスとしては、同社のベーシックアカウントのウォレットに保管されている仮想通貨を法定通貨に交換することで電子マネーにチャージすることができます。

法定通貨交換時にはディーカレットの所定レートが適用され、スプレッドを含む手数料が発生します。

電子マネーチャージの利点

auWALLETが実施する「三太郎の日」で支払うことで最大20%のauWALLET
ポイントが付与されるとのことです。

またビックカメラの担当者によると、仮想通貨の店頭決済は実施済みですが、対応通貨が限られていたため、今後はディーカレットの電子マネーチャージによって多くの種類の仮想通貨がアプリ上でチャージ可能になり、利便性が向上するとしています。

レバレッジ取引サービスも開始

さらに、証拠金を担保として最大4倍のレバレッジ取引を開始したとのことです、
取り扱い通貨は、ビットコイン、イーサリアム、リップル、ビットコインキャッシュ、ライトコインの5種類とのことです。

また、ディーカレットの代表取締役社長の時田氏は、ステーブルコインの発行も計画していることを明らかにしました。
発行時期についてはまだその段階ではないとし、詳細はまだ明らかにされていません。

ディーカレットが仮想通貨関連の計画を積極的に推し進めています。
今後の新たな展開にも期待したいですね。

参考サイト:
”https://coinpost.jp/?p=102453&from=sokhou”
”https://jp.cointelegraph.com/news/decurret-starts-leveraged-trade”

関連記事

この記事のタグ

仮想通貨の投資には
やっぱり情報が大切
LINE@には仮想通貨投資に
役立つ情報がいっぱい

ようこそ
CRIPCY公式LINEアカウントへ

LINE@では今後の価格予想や、気になるICO銘柄、 最新の仮想通貨ニュースを随時配信しています。
PCよりこのページをご覧の方は
下記のQRコードよりLINE@にご登録ください。
※本サービスはLINEの使用(スマートフォン版のみ対応)が必須です。LINE@の解除はいつでも簡単に行っていただけますのでご安心ください。CRIPCY村通信という名前で追加されます。