毎日更新!ビットコインはもちろん、仮想通貨のことがよくわかる情報サイト

2019年第1四半期のICO件数は前年より減少

2019.04.12
2019年第1四半期のICO件数は前年より減少

<この記事(ページ)は 3分で読めます>

2019年第1四半期の仮想通貨による資金調達(ICOs)の件数は2018年の第4四半期から減少したとのことです。

評価サイト「ICOベンチ」のリポートによると、2019年第1四半期のICOプロジェクト件数は2018年第4四半期と比較すると減少しており、ICO調達額も5億ドルほど減少したとのことです。
しかし、ICOの成功率としては前年とほぼ変わらない水準を保っているようです。

ICO成功率はほぼ横ばい

「2019年第1四半期はプロジェクト数は半減したが、ICOベンチレートの平均には変化は見られない。調達額は減少しているものの、肯定的な額を調達できた成功率は2018年の第4四半期とほぼ同じである。ICOプロジェクト全体の60%以上の調達額はいまだ500万ドル以下という状況である。」

2019年第1四半期は328件のICOプロジェクトが完了し、それらのうち107件が資金調達に成功しています。
2018年第4四半期には585件のICOプロジェクトのうち207件が資金調達に成功しています。

2019年第1四半期のICOにおいて最も人気のあった業界はバーチャルリアリティ、ビッグデータ、人工知能(AI)、そしてエンターテイメント業界でした。
分析によると、ICOを実施する際に最も人気の高いインフラは、イーサリアムネットワークであるとのことです。

今年4月初旬に、ICO分析ウェブサイトのTokenDataがリリースしたレポートによると、2019年第1四半期のICOプロジェクトは約1億1800万円を調達したとのことです。

また、TokenDataが2017年から追跡調査している2500件のプロジェクトのうち資金調達に成功したのはたった45%で、資金調達に成功し初値かそれ以上の価格で取引できているのは15%のみとのことです。

機関投資家のICOs参加に期待高まる

2月に発表された機関投資家に関する調査では、2021年までにデジタル資産が規制に基づいて取引され、正規の投資対象となるだろうと予想する人は19%とのことです。
また41%が、機関投資家が5年以内にICOセクターに参入するだろうと予想していることがわかりました。

参考サイト:
”https://cointelegraph.com/news/report-fewer-icos-raised-funds-in-q1-2019-than-in-q4-201”

関連記事

この記事のタグ