毎日更新!ビットコインはもちろん、仮想通貨のことがよくわかる情報サイト

ドイツ財務大臣 デジタルユーロを支援を表明 Libraを強く批判

2019.10.08
ドイツ財務大臣 デジタルユーロを支援を表明 Libraを強く批判

<この記事(ページ)は 3分で読めます>

ドイツの財務大臣がデジタルユーロを支援する考えを明らかにしました。
一方で、FacebookのLibraのようなプライベート通貨に反対する考えを示しました。

デジタルユーロは歓迎

地元メディアによると、ドイツ財務大臣のOlaf Scholz氏は、Libraに対して「非常に厳しい見方をしている」と発言しました。

一方で、 デジタルユーロはヨーロッパの金融システムにとって、とりわけ経済のグローバル化にとっては良いことだと述べました。

「このような決済システムは欧州経済の中心と世界の金融システムの統合に役立つ。」

「我々は、これらの分野を中国やロシア、アメリカ、そして民間のプロバイダに明け渡してはならない。」

Libraは国家主権にとって脅威

Scholz氏のこの呼びかけに応えるように、フランス財務大臣のBruno Le Maire氏は、フランスはLibraを阻止すると発言しました。

Scholz氏は、通貨発行の権限は国家の手中に属するべきであると強く主張しました。

「国家主権の中核となる要素が通貨の発行である。我々はこれを民間企業に渡してはならない。」

米国上院議会の金融サービス委員会のMaxine Waters氏は、以前からFacebookにLibraの開発を当局の承認が降りるまで延期するように要請していました。

上院議会はなおも、FacebookのCEOであるMark Zuckerberg氏に2020年1月の議会の前に証言をするように求めています。

Libraの規制については今月17日から開かれるG20財務省・中央銀行総裁会議でも議論される予定とのことです。

参考サイト:
”https://www.coindesk.com/german-finance-minister-supports-digital-euro-but-very-critical-of-libra”

関連記事

この記事のタグ

仮想通貨の投資には
やっぱり情報が大切
LINE@には仮想通貨投資に
役立つ情報がいっぱい

ようこそ
CRIPCY公式LINEアカウントへ

LINE@では今後の価格予想や、気になるICO銘柄、 最新の仮想通貨ニュースを随時配信しています。
PCよりこのページをご覧の方は
下記のQRコードよりLINE@にご登録ください。
※本サービスはLINEの使用(スマートフォン版のみ対応)が必須です。LINE@の解除はいつでも簡単に行っていただけますのでご安心ください。CRIPCY村通信という名前で追加されます。