毎日更新!ビットコインはもちろん、仮想通貨のことがよくわかる情報サイト

タイの証券取引所がトークン取引プラットフォームを立ち上げ

2019.01.24
タイの証券取引所がトークン取引プラットフォームを立ち上げ

<この記事(ページ)は 2分で読めます>

タイの証券取引所が仮想通貨取引所立ち上げるため、財務省にライセンス取得の申請をしていることが明らかになりました。

高まる仮想通貨投資の需要に対応

タイ証券取引所の幹部Pattera Dilokrungthirapop氏によると、タイでは金融機関による仮想通貨取引への参入の需要が拡大しているとのことです。
トークン保管のためのデジタルウォレットなどの計画も今年中の立ち上げを目指して取り組むとのことです。

タイ証券取引所のメンバーは新たな取引所のブローカーやディーラーとして関わる予定とのことです。

昨年5月にタイ証券取引所はブロックチェーン技術によるクラウドファウンディング市場を立ち上げました。

LiVEと呼ばれるこのサービスは、スタートアップ企業が世界中のベンチャーキャピタルや機関投資家から新しい資本を調達できるように、ブロックチェーン技術を使ってpeer-to-peer取引を可能にしました。

規制の整備も同時進行

一方、タイの証券取引委員会「デジタル資産事業に関する緊急法令BE2561」に基づいて、デジタル資産事業の規制を行うとのことです。

昨年7月に仮想通貨ライセンスの規制を初めて発表しました。
1ヶ月以内に20の仮想通貨関連企業がライセンスの申請を行ったとのことです。
規制では、プロジェクトは仮想通貨サービスを展開する前にSECの承認を得る事が要求されるとのことです。

タイで金融機関を中心に急速に仮想通貨の需要が高まっているようです。
仮想通貨市場の低迷にもかかわらず、仮想通貨拡大の動きは新興諸国にも着実に広まっているようです。

参考サイト:
”https://www.coindesk.com/thai-stock-exchange-plans-to-launch-a-crypto-trading-platform”

関連記事

この記事のタグ

仮想通貨の投資には
やっぱり情報が大切
LINE@には仮想通貨投資に
役立つ情報がいっぱい

ようこそ
CRIPCY公式LINEアカウントへ

LINE@では今後の価格予想や、気になるICO銘柄、 最新の仮想通貨ニュースを随時配信しています。
PCよりこのページをご覧の方は
下記のQRコードよりLINE@にご登録ください。
※本サービスはLINEの使用(スマートフォン版のみ対応)が必須です。LINE@の解除はいつでも簡単に行っていただけますのでご安心ください。CRIPCY村通信という名前で追加されます。