毎日更新!ビットコインはもちろん、仮想通貨のことがよくわかる情報サイト

米国議会下院 仮想通貨リブラに対し公聴会を招集

2019.06.25
米国議会下院 仮想通貨リブラに対し公聴会を招集

<この記事(ページ)は 3分で読めます>

米国下院金融サービス委員会は、Facebookが提案する仮想通貨Libraに関する公聴会を7月17日に実施するとのことです。

下院金融サービス委員会のMaxine Waters委員長は、FacebookのLibraに対する批判派を率いる一人です。

個人データ保護や規制の整備の未熟さに警鐘

Waters委員長は、Facebookが過去に個人データ保護を軽視していた点を問題視し、議会や規制当局がLibraについて精査するまではLibraの開発プロジェクトを一時中断するように要求しているとのことです。

Waters氏は、CNBCの番組で以下のように述べました。

「今すぐ直ちにプロジェクトを停止するべきです。そうすれば我々はまだ事態を収拾することができる。我々は消費者を守らなければならない。だから、Facebookがドルとの競争を始めることを許すことはできない。」

委員会はすでにFacebookに対して先月、個人情報や消費者保護に関する複数の質問を記載した手紙を送付済みとのことです。

Waters氏は、仮想通貨市場における規制が統一されていないことを指摘し、規制当局はプライバシーと国家安全、サイバーセキュリティのリスク、取引リスクなどを本格的に検討する機会として、FacebookのLibraの問題を考えるべきだと主張しています。

Facebookは先週Libraのプロジェクトの詳細を発表し、統治機関を設置することや、国家から独立した金融エコシステムを構築するために2つのトークンを使用することなどを明らかにしています。

Facebookは、世界中で17億人とされている銀行口座を持たない人々が、メッセンジャーやWhatsAppのプラットフォームを通じて金融サービスを利用できるようにすることを目的としています。

参考サイト:
”https://www.coindesk.com/second-us-congressional-hearing-is-scheduled-on-facebooks-libra-crypto”
”https://coinpost.jp/?p=91644&from=sokhou”

関連記事

この記事のタグ

仮想通貨の投資には
やっぱり情報が大切
LINE@には仮想通貨投資に
役立つ情報がいっぱい

ようこそ
CRIPCY公式LINEアカウントへ

LINE@では今後の価格予想や、気になるICO銘柄、 最新の仮想通貨ニュースを随時配信しています。
PCよりこのページをご覧の方は
下記のQRコードよりLINE@にご登録ください。
※本サービスはLINEの使用(スマートフォン版のみ対応)が必須です。LINE@の解除はいつでも簡単に行っていただけますのでご安心ください。CRIPCY村通信という名前で追加されます。