毎日更新!ビットコインはもちろん、仮想通貨のことがよくわかる情報サイト

中国最大手のSNS 仮想通貨取引を禁止

2019.05.09
中国最大手のSNS 仮想通貨取引を禁止

<この記事(ページ)は 3分で読めます>

中国大手テックのTencentが運営するメッセージアプリWeChatが、決済規定を変更し、通貨関連の取引を禁止するとしました。

ICOや仮想通貨取引関連のいかなる活動も禁止

WeChatは4月30日に決済サービス規定を変更しました。

新たな規定ではICOを含む仮想通貨に関連する全ての取引を禁止しています。

「同社のサービスを利用する小売商は間接的にまたは直接的に関わらず、いかなるICOや、仮想通貨取引の運営に関連する取引に従事してはならない。」

新たな決済規定は、5月31日に施行されWeChatは、仮想通貨取引を行ったことが発覚した場合、その口座を閉鎖するとしています。

OTC取引に影響大か

新しい決済規定は、中国国内で中国元との取引のオプションの一つとしてWeChatPayを利用しているOTCトレーダーに大きな影響を与えるとされています。

HuobiやOKExなどの仮想通貨取引所は法定通貨と仮想通貨の取引を行うOTCサービスを個人向けにも同様に提供しています。

新しい決済規定の変更は、WeChatPayを利用する小売商に対して強い警告を発しています。

新しい決済規定は、同社のプラットフォームを利用した仮想通貨関連の取引を禁止するWeChatの長期的立場に基づくものであると言えるとのことです。

昨年8月以来、WeChatとAlibabaは共に、仮想通貨取引に関連している疑いのあるアカウントを監視し、アカウントを凍結する取り組みに力を入れてきました。

中国本土では一年に両替・海外送金できる金額に制限がかけられています。
こうした状況の中、仮想通貨が抜け道に使われることが多く、現在はICOや仮想通貨取引所が禁止されています。

参考サイト:
”https://www.coindesk.com/messaging-giant-wechat-bans-merchant-users-from-crypto-trading”

関連記事

この記事のタグ

仮想通貨の投資には
やっぱり情報が大切
LINE@には仮想通貨投資に
役立つ情報がいっぱい

ようこそ
CRIPCY公式LINEアカウントへ

LINE@では今後の価格予想や、気になるICO銘柄、 最新の仮想通貨ニュースを随時配信しています。
PCよりこのページをご覧の方は
下記のQRコードよりLINE@にご登録ください。
※本サービスはLINEの使用(スマートフォン版のみ対応)が必須です。LINE@の解除はいつでも簡単に行っていただけますのでご安心ください。CRIPCY村通信という名前で追加されます。