毎日更新!ビットコインはもちろん、仮想通貨のことがよくわかる情報サイト

【パパ山根仮想通貨トレード日記(53)】9月の検証結果は月利7%でぼちぼちでんな。。。

2018.10.03

<この記事(ページ)は 3分で読めます>

 

最近、リップルが面白くてビットコインの方を忘れがちなんですけど、ちゃんとやってますよ(笑)

 

9月の検証結果は月利7%でした。

 

うーん、チャートの動きに反してイマイチ利益が伸びてない印象です。

 

これまでの検証でわかったことですが、ルールの性質上、『レンジ~ヒューン~レンジ~ドーン~レンジ』みたいな値動きをされると、ちょっと厳しいんですよね。

 

9月も動いてはいるんですけど、大きく動いた場面が「レンジ~ヒューン」とか「レンジ~ドーン」だったので、値幅の割には利益率が低かったのかなと思います。

 

 

BTC/円 4時間足 (BITPointのMT4)

 

黄色の矢印がパパ山根ルールのエントリーポイントです。

白いラインはあることの目安に使います。

 

 

パパ山根ルール(4時間足)
2018年9月(BTC/JPY)の検証記録

 

トレード回数 9回

 

勝敗 4勝2敗3引き分け

 

利益合計 109,213円

 

損失合計 31,740円

 

月利益  +77,473円

 

 

1回のトレードの最大利益は
9月5日~9月7までの売り
+61,012円

 

 

1回のトレードの最大損失は
9月25日~9月28日までの売り
-18,244円

 

 

2018年1月~9月合計

 

トレード回数 76回

 

勝敗  44勝28敗4引き分け

 

利益合計 2,565,945円

 

損失合計 918,991円

 

1~8月合計 +1,646,954円

 

 

極力判断を減らした、ほぼシステマティックなルールなので、相場が動けば利益が増える、相場が動かないと利益が伸びない結果になるのは宿命といえば宿命です。

 

 

これで裁量の度合いを増やすと、相場状況の影響が減りますが、その分安定感が欠けるのと、判断が含まれるのでストレスが増えます。ただ、当たった時の爆発力は裁量の度合いが多い方が大きいですね。

 

 

まあ、これはどちらがいい悪いではなく好みと相性の問題なので、ストレスなくのんびり安定感をもってトレードしたければ、システマティック裁量のトレードがオススメです( `ー´)ノ

 

 

この記事のタグ

仮想通貨の投資には
やっぱり情報が大切
LINE@には仮想通貨投資に
役立つ情報がいっぱい

ようこそ
CRIPCY公式LINEアカウントへ

LINE@では今後の価格予想や、気になるICO銘柄、 最新の仮想通貨ニュースを随時配信しています。
PCよりこのページをご覧の方は
下記のQRコードよりLINE@にご登録ください。
※本サービスはLINEの使用(スマートフォン版のみ対応)が必須です。LINE@の解除はいつでも簡単に行っていただけますのでご安心ください。CRIPCY村通信という名前で追加されます。