毎日更新!ビットコインはもちろん、仮想通貨のことがよくわかる情報サイト

【パパ山根仮想通貨トレード日記(54)】週末トレード戦略『BTCはレンジが濃厚』だとすると上限下限はどの辺か?

2018.10.05

<この記事(ページ)は 3分で読めます>

 

10月第1週はリップル(XRP)に主役を奪われて、ビットコイン(BTC)は、すっかり地味な存在で、値動きも落ち着いてましたね。

 

9月30日に延期されていたETFの話題も、すっかり忘れ去られて(笑)

 

どうなるビットコインETF?SECの新コミッショナーはトランプ大統領の指名人物

 

このまま地味なままだと困るのですが、どんな感じになりそうか。とりあえず引きのチャートを見てみると……

 

BTC/円 4時間足 (BITPointのMT4)

 

相変わらずフィボナッチラインが効いている「フィボナッチ相場」な感じがします。

直近の上値は61.8%ライン、直近安値は38.2%ライン。

もう一段下に落ちても、23.6%ラインが控えているので、大きく落ちたとしても、23.6%で一旦止まる可能性が高いチャートですね。

 

どこまで上がりそうかというと、とりあえず61.8%ラインの76万円台まではすんなり行きそうな形です。ただ、ここで落ちてくるか、上抜けするかで、今後が大きく変わってくるので、61.8%ライン付近の攻防は要注意です。

 

もう少しヨリで見てみると……

 

BTC/円 4時間足

水色のトレンドラインを引くと、三角レンジになっていることがわかります。ということは、一番近い抵抗(反発ポイント)になりそうなのが、この水色ラインです。

 

もうひとつポイントは、ピンクの丸で囲った部分。

38.2%ラインを一度割ったと見せかけて上昇しています。こういう「ダマシ」の動きは、ある意味チャンス(/・ω・)/

 

セオリーなら支えられるはずの線を一度切った。

セオリーなら一度切ったら下に行くはずなのに戻ってきた

ということは……

 

『セオリー使えねーじゃん!!!!!』

 

ではなくて(笑)

二度もセオリーが破られている、「上に行くはずのものが下に行った」、でも、「下に行くはずのものが上に戻ってきた」と判断して

 

「やっぱり上じゃん!!!!!」

 

と判断します。

 

「ダマシ」というのは下に行くと見せかけて上、上に行くと見せかけて下だから「ダマシ」なので、ダマシを発見したら、さっさと対応するか頭を切り替えるのが大切です。

 

「使えねーじゃん!!!!」

 

といちいち怒ってる暇は、
トレーダーにはありません(笑)

 

さて、週末のシナリオですが……

パパ山根ルールではそろそろロングサインが出るので、それはそれで乗るとして。。。。

 

シナリオ①

38.2%ラインまで落ちてきたらロング(損切りはラインの下)

 

シナリオ②

61.8%ラインを抜けてきたらロング(サポレジ転換があればなお良し。損切りはライン下)

 

まあ、この2つでしょうね。

パパ山根はルールとは別にシナリオ①ならエントリーする予定です。

 

61.8%ラインでショートもありっちゃありですけど、その場合はライン上での損切りをしっかりするのと、利確を欲張らずに、水色のトレンドラインか、38.2%ライン付近で決済しておいた方がいいでしょう。

 

では、そんな感じで。

 

台風25号が来てますけど
安全に気をつけながら
良い週末をお過ごしください( `ー´)ノ

 

この記事のタグ