毎日更新!ビットコインはもちろん、仮想通貨のことがよくわかる情報サイト

【パパ山根仮想通貨トレード日記(66)】無風状態が続いている時に準備しておくといいこと

2018.10.23

<この記事(ページ)は 3分で読めます>

 

うーん。

無風……。

何も起こらないですね(´・ω・)

ビットコインは書くことないので(笑)
たまには、他の仮想通貨を見てみましょう。

まずはイーサ!!!!!

しーん……

 

ライトコイン!!!!!

しーん……

 

これはどうだ!?

ビットコインキャッシュ!!!!!

しーん……

 

さすがにこれは何かあるはず

リップル買い増しや!!!!

しーん……

……でもないか。

ちょっとアップトレンドに見えますね。

 

ホントに買いましてもいいチャートでした(笑)

 

まあ、そんな感じで
他の仮想通貨も特に書くことなし。

 

完全に秋休みですな(笑)

 

トレードを始めた頃、初心者レベルの頃は、ここから先、上がるか下がるかがわかれば勝てると思っていたんですけど、実際に自分が勝ち始めると、そうではないことに気付きます。

勝てるようになってくると、それも一過性ではなく、安定して勝てるようになってくると、、、、

上がっても勝てる

下がっても勝てる

ようになってきますΣ( ̄□ ̄|||)

 

つまり、どちらかに動くかはどうでもよくて、とにかくどちらかに動いてくれさえすれば勝てる。

これがトレードをするなら、最終的に目指すべき境地なのかなと思います。

 

その先に動いてなくても勝てる境地もあるとは思うのですが、そこまでやらなくてもお金が増えていくので、道を究めるかどうかは好みの問題ですかね。

 

ということで、今の仮想通貨相場はどうにもならん、我慢比べ大会になってしまってるんですけど、こういう時は抜けるのをただひたすら待つしかないですね。

レンジ相場は、精神的にも資金的にもパワーをため込んでいる状態なので、いざどちらかに抜けて動き出すと、たまったパワーが一気に放出されて大きく動き出します。

レンジ相場中に、中途半端なポジションを買ったり、売ったり、損切りしたりして、いざ動き出した時に投入できる資金がなかったりすると、目も当てられんので。

期たるべき、ビューン、グーン、ドーンに向けて、今はただひたすら耐える時期ですね。

 

この本でも読んでてください。

 

実際、パパ山根も昔、独身トレーダーでレンジ相場で暇な時は、本を読んだり、ウイニングイレブンをしたりして、怠惰を満喫してました。

 

今は、ミニ怪獣が3人いるので無理っすけどね(笑)

 

 

この記事のタグ