毎日更新!ビットコインはもちろん、仮想通貨のことがよくわかる情報サイト

【パパ山根仮想通貨トレード日記(107)】急騰したBTC、今週前半は戻すか、そのまま上がるかどっち?

2019.01.07

<この記事(ページ)は 3分で読めます>

 

キターーーーーーーーーーー!!!!!!

やっと、上がってくれた(笑)

 

クリスマスから続いたレンジで、界隈は結構やられた人も多いみたいですね。

パパヤマも仮想通貨は損切りや薄利撤退の連続でやる気なくして(笑)、慣れ親しんだFXに逃げてたりしましたけど、長らく続いたレンジを抜けたので、ちょっと一安心。

なおかつ、重要なポイントも見えてきたので、またやる気出てきました。

どんな重要ポイントが見えてきたかというと……。

 

【BTC/円 日足】

 

12月からの流れを振り返ると、大きく落ちてきて、反転上昇して、水色の〇で高値を付けて、落ちてきて三角レンジを形成していました。

このレンジをどちらに抜けるかが、結構重要だったんですね。

万が一、下に抜けていた下落トレンド続行中のサインになるので、安値更新も見えてくるところでした。

それが上に抜けたので、ピンクの〇部分が「直近安値」になって、日足レベルでもアップトレンドの可能性が出てきたわけです。

 

まだ可能性ですよ。

確定は、水色の高値を超えてからです。

 

今日明日くらいは、急上昇の高値がフィボナッチの23.6%ラインで抑えられているので、ここを抜けられるか否かに注目です。

 

実際のトレードの方はというと……。

 

【BTC/円 4時間足】

ピンクの四角の囲みのあたりは、ほとんど薄利撤退。

赤い星マークは上がると想定してロング入れたら損切り。

で、また薄利撤退を繰り返して、レンジ上限から落ちてくるのかと思ったら、落ちずに上に向かって行ったので

ロンーグ・イン!!!!!

利確はトレーリングで、黄色の〇印の当たりでフィニッシュしました。

 

この先、上は日足で見たように23.6%ラインの攻防ですが、下はどこまで戻すのかを見守る感じですね。

最近の傾向としては、ここから横ばいになってレンジを形成する可能性もあるので、変なところでポジション持たないように。

わかりやすいポイント(たとえば、レンジ下限のようなものができてからとか)を心がけるといいですね。

 

では、引き続き。

リアルタイムはTwitterで更新していきます( `ー´)ノ

この記事のタグ